ブログ

食料も尽きる旅

先日 1月21日より中国は広州に拠点を置く 紳士アパレルのVMDサポートの旅に出かけました。

この日 都内を中心に大雪です。

午後2時20分出発便でしたが 私が成田に着いた時間は1時を少し回っていました。

足早に出国手続きを終えて ラウンジで少し休憩 搭乗時間までの間ビール片手に現地での研修内容に目を通していました。

午後2時そろそろ 出国時間かな~と思い出発ロビーに向かうと雪の為2時間ほどの遅れが出るとのこと 仕方なくロビーに戻りもう少し待つことにしました。

午後4時30分

未だ出国の予定ナシ

嫌な予感が・・・・ラウンジをでてみると そこには雪の為 私と同じく出国を待つ人 人 人

午前11時以降1便も離陸していないとのこと おそらく成田空港の出発ロビーには万単位の人が溢れ 通路に座り込みまるで何か自然災害の避難場所のように疲れと苛立ちが感じられる異様な光景が・・・・・・・

午後7時 


レストラン 売店には長蛇の列 喫煙スペースもタバコの吸殻が溢れ白く煙が充満 通路では寝る者 トランプに興じる者 ネットで情報を集める者など わたしもすでにこの時点で朝から何の食事もせず ビールだけ8杯目 おつまみにも飽き飽きしだしてイライラ状態です。

午後10時30分

レストラン 売店の食料が尽きたころ やっとJALから食事のクーポンが支給されました。が時既に遅し ロビー内にはお土産の饅頭すらない状態ですから 余計に腹立たしい!!!



ロビー内を駆け回ってやっとの思いで午後11時 この日初の食事 盛の凄く少ないカレーをゲットです。











結局 午前2時にやっと離陸

12時間遅れで中国へ出発しました。

機内では疲れと この後の不安で何だか眠れません。

結局 広州に朝6時着 現地のホテルに7時チェックインです。

さらに午前9時30分から 現地スタッフとの仕事に向かいました。

久々の完全徹夜状態ですが やるっきゃないっすね。 ホント自然災害は怖いですね。とにかく日本の災害時の弱さを改めて感じる初日でした。

中国で感じる不安

広州でのVMDコンサルティングの旅 2

現地の副総経理(日本の副社長)と仕事の後 食事に誘っていただきました。

お米を長い時間かけて煮た お粥風のスープに色んな食材を入れて食べる「しゃぶしゃぶ」っぽい感じのメニューがメインのレストランです。広州では かなり人気のあるお店で普段は予約をしなければ入れない程だそうです。

その食事中 こんな話をされました・・・・

副社長「深澤君はアメリカのコンサルティング会社に在籍することになったの?」

私「えッ???何のことですか?」

副「中国でかなり有名なアメリカのコンサルティング会社から届いた資料の中のVMD部門担当に深澤君の名前が書いてあったんだけど・・・今の仕事に支障は無いの?」

私「えっ全然心当たりがないです・・・・えッ」

アパレルWEBの通訳 成ちゃん「深澤さんもしかして 某○○○の話じゃないですか?」

私「えっ だって 何も決まっていないし ・・・・でも もしかして○○○って会社ですか?」

副「そうです」

私「あちゃ・・」

実はこの 某○○○というコンサルティング会社 中国では欧州のラグジュアリーブランドから現地ブランドのサポートまで 中国ではかなりメジャーな活躍をしている会社で この会社からオファーを頂いていましたが 今のところスケジュール等が合わずに まだ何も契約を交わしていない状態でした。

うぁー仕事早いなぁとチョッと感心 しかももう資料が出来てクライアントに配っている状態。私のところに初めて話が来たのが多分 昨年の12月初旬ですから いつからこの資料が作られていたのかと思うと 凄い不安・・・・・・・

東横in社長風に話すなら「60kmで走るところを200kmで走っている感じですよね」

ある一面 仕事が速いのは中国での仕事のし易さとして 私は凄く好きなんですが 今回のように先走りといいますか 想定外の速さで進まれるのはちょっと不安ですね。

でも もしかしたら 凄くポジティブに考えると この速さが無ければ今の中国では勝ち残って行けないかも知れません。多分 うぅ・・・・・・・・ぅん そうなんですよ。

「中国では何が起こっても驚かない」これが 最初に中国に行った際の合言葉でしたからねッ

不安な状態でも とにかくやるっきゃないんですわッ 仕事があることは何より幸せなことなんです。・・・・・でもとりあえず・・・・・契約してねから・・・・・・

また、雪・・・・・・

また 雪ですね ・・・・今から 今年一回目の中国での仕事に向かうところなんですが

成田まで無事に着けるかな・・・・・・・・

少しブログをお休みしますが 来週中には帰国しますので それまでお楽しみ・・・

買うという行為を数値に表す旅

先月 自動車選びについて投稿しましたが やっと購入しました。

かなり迷った というよりは車種は決まっていましたが 買う場所が決まらなかったというのが本音です。車種はTOYOTAのランドクルザーの70系という車で もうすでに生産していない車です。この時代の車にしては全くハイテクな機能もなく 何故こんなに・・・・?と思わせる車ですが 愛情を注いでいこうと思います。

それにしても車の購入というのは  私の人生の中でも最も高価な買物だったのですが やはり買おうという気持ちになるのには どんな安い物でも同じように 心理的条件と物理的条件の2つが ある一定の状態までに到達しなければ 決断できない物だと改めて感じました。

そこでちょっと この「買うッ!!」という行為の決断条件を数値にして表してみようかと 考えてみました。

まず最初に 買う気の決断を数値として出す為に 心とモノの2つの条件を

5段階の評価にして見ます。

心理条件(心)買う気なし(0点) 憶えておく(1点) 選びたい(2点) 欲しい(3点)  必要(4点)  絶対必要(5点)

物理条件(モノ)商品なし(0点) 要検討(1点)普通(2点)まぁ満足(3点)満足(4点)最高(5点)

この5段階評価を基準に買うという決断を数値として表すなら

心理条件(心)×物理条件(モノ)=10点以上が私の考えるお客様の購入決断指数だという結論に達しました。(これ深澤流買う気の数式です)

この数式上で10点以上なら買う決断がなされるということです。

ちなみに 10点以上の数字は 買う決断のスピードに関係してきます。

どうですか皆さん?

例えば 上の公式から考えると 最高の商品(5点)でも買う気がなければ(0点) 購入には至らない。

心では選びたい(2点)と思っても最高の商品(5点)であれば10点で買ってしまう。

また 欲しい気持ち(3点)はあるが商品内容が普通(2点)では決定打にはならない(6点)。

必要だ(4点)と思うが 商品が普通すぎて(2点)面白みにかけ買う気を起こせない(8点)など

8点 9点台がでる二つの条件内容などは 特にうなずいて頂けるのではないかと思います。

私の場合 物理的条件である車は 車種が決まっていましたから4点だったのですが どこのディーラーを見ても 売り場から伝わる心理的条件の評価が 普通(2点)を超えなかったんですね。 やっと決めたディーラーも正直 2.5点でした。皆さんもこんな経験ありませんか?

この買う気の数式に当てはめれば なんとなく 皆さんも買う気の分析が出来るかもしれませんね では では

 

コメントについてお返事する旅

今日読者のmegさんからコメントいただきました。

このブログを見ていただいている方の中には こんなお悩みをもっていらっしゃる方 少なくないと思います。 私も売場のことで悩むことだらけです。今も 今年4月に出版する売場のカラーコントロールのテキストの内容でアタマを毎日掻き毟っているくらいです。

さて 話を戻します 現在日本でVMDをやっている人の殆どが 多分独学に近い状態で学んできたり身に着けてきたりしてるんだと思うんです。

だから誰が正しいVMDとか

「コレが本当のVMDだッ!」!とかって無いんじゃないかと思うんです。(問題発言???) 

何でもそうだと思うんですけど 「絶対売れる」とか 「売上げが何倍になる」とか「ホンモノの○○○」って言われてるものって全部胡散臭いじゃないですか。

だから 思うようにやっていいと思うんですよね。

ここで言うならmegさん流VMDかな・・・・ ただこれでは何の解決にもならないので 一つだけ僕のような この仕事だけでやっている人間からアドバイスするなら とにかく先に完成形をイメージすることだと思います。これは売場の完成形ではなく自分の仕事環境の完成形。(売場は日々 動くので完成形をイメージるとそこで終わりですから・・・売場の完成形ではありません)

自分のイメージを誰にどのように伝えれば 売場が綺麗になるのか?

自分がどこにどのように指示を出せば 誰がどのくらい売場の為に動いてくれるのか?

こんな仕事環境の完成形がイメージできれば後は このイメージを具現化するために動くだけですよ。

売場で出来る 美しくするテクニックなんて毎日変わって行きますし 世の中にある沢山の売場にヒントはイッパイあるんです。これらを正しいとか 素晴らしいとか決めるのは常に お客様なので 先ずは自分の売場で 良いとアイディアやヒントを実際にやってみなければ何も始りません。 だから この行動をどれだけ早く自店に活かせる組織があるかどうかが 僕は何より重要だと思います。

社内でVMDを担当するという意味の第一は 売場を美しく大切にする文化みたいなものを根付かせることなんです。VMDを大切に思って動いてくれる組織を作る コレがあると何でも出来る気がしますよ。自分も含めて売場から幸せになれます。 ちょとキレイゴト話しちゃったみたいな感があるのですがいかがでしょうか?スミマセン。

 最後にセミナーに関するお問い合わせですが これは沢山いただくご意見ですが 私はやらないことにしております。申し訳ありません。でもネットで探すと沢山の方々がVMDのセミナー色んなところでやってるようですよ。

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ