ブログ

伝説のVMDメルマガ

「ブランド再生に奮闘する女」

mailmagazine

みなさんご無沙汰しております、深澤です。
「愛あるブランディングを語る店」PAL’S Bar今月も開店です。

お店には表立って活躍するカッコイイ業界人は集まらないのですが、日々、
夜を徹してお客様の為に活躍される汗と涙の似合う小売関係を私のお店に招
いて、一杯やりながらお仕事についてブ熱ーーーいお話を伺い、ちょっとだ
け皆さんにその内容をお届けするという趣向のメールマガジンです。

もし50回続いたら、リアルに何所かに PAL’S Barを作る野望もありますの
で是非、職場内、お友達、親類縁者にご紹介頂き、ブログ全盛期の世の中で
ひっそりと続けていけるようにしたいと思いますので、宜しくお願い致しま
す。では、時間ですので、そろそろ開店します。

GUEST NO.6 「ブランド再生に奮闘する女」

バタンッ(ドアの開く音)
「いらっしゃいませ」(私、以下Fで)
「こんばんは、深澤さん、いつもお世話様です。」(以下M)
「どうも、いらっしゃいMさん」

<ゲストの紹介> 
Mさんは、某ミセスアパレルブランドを再生すべく奮闘される女性ブランド
ディレクターです。

F:「いやーいらっしゃいませ、いつも本当にありがとうございます。今日
  はオゴリますのでごゆっくり」

M:「ご馳走様です。」

F:「何しましょうか?」
M:「相変わらず、お酒は飲めませんのでウーロン茶で」
F:「了解しました。」
M:「正直、こんな場所で話してる前に、本当に、うちのブランドを何とか
  しないとヤバイんですけど・・・・・・・・ちゃんと考えてますか?」
F:「勿論です。今日はその辺りを含めて、お話が出来ればと思っておりま
  す。」

F:「では、Mさんの現在の仕事内容をお聞かせください。」
M:「全国に直営店舗で20店舗、卸では百貨店の平場を中心に展開してい
  るミセスブランドのブランドディレクターをしております。ディレクタ
  ーと申しましてもMDやら、ディストリビューションやらと、生産以外
  の全ての業務に関わっております。そして、この秋からお力をお借りし
  ている深澤さんの窓口業務までですね・・・・・・・」 

F:「僕の窓口は結構、嫌がってますよね。」
M:「メールのレスが世界一遅いですからね・・・・・・・」

F:「改善いたします。さて、ブランド再生ということですが、実際の現状
  をお話できる範囲でお教えいただけますか?」

M:「正直、マーケットに置いていかれてしまった状態ですね。2年前に私
  がこの部署に来たときには不良在庫の山を毎年築いていく状態。しかも
  店頭売上も毎年落ち込みが激しくなりという・・・・」

F:「そうですか・・・Mさんが感じた一番の原因は、何だと思われますか?」

M:「尋問みたいですね、正直ベーシックな商品を扱うブランドですが部署
  全体にベーシックの意味を履き違えていたということだと思います。」
F:「それは?」
M:「ベーシックなアイテムは基本のアイテムですが、最もデイリーでタイ
  ムリーな商品でないと今のお客様にお召しいただけるベーシックにはな
  らないですよね。でも、うちの組織は基本の商品とは、基本的なデザイ
  ンであり、基本的に誰でも着ることが出来るという、誰にとっても魅力
  を感じないモノ作りをしていましたね・・・・・悲しい状態でした。」
   
F:「そうですか・・・ちょっとコメントに困りますが、確かにベーシック
  という言葉を、間違えた解釈で考えている方は多いですよね。」

F:「デニムなんて一番分かりやすいベーシックアイテムですが、最もトレ
  ンド的要素を必要とするアイテムですもんね」
M:「そうですね」
F:「で、Mサンによる改革によって2年間で何か変わることが出来ました
  か?」
M:「私だけの力ではありませんが、商品自体は、以前と比べるとかなり進
  化してきたと感じてます」

F:「先日の展示会ですね。」
  
M:「そうです。百貨店のバイヤーさん達からも、お褒めの言葉をいただき
  ましたし、来春は何か手ごたえが感じられるのではと思っておりますし、
  そうならないと私は今のポジションには居られないと思っております。」
F:「・・・・・・・」
M:「勿論店頭に関しては深澤さんにお任せしますので、結果を求めますよ!!!」
F:「・・・・・ハイ・・・・・」
M:「最初に深澤さんにお会いした際に、VMDをツールだと考えて、人・
  環境・モノを一繋がりに改善していきましょう!!!と仰っていましたが、
  あの時は、まさにあの言葉がタイムリーに響きましたから。」

F:「ありがとうございます。でもね、本当にVMDって使いこなさないと
  もったいないですからね。すばらしい店舗環境も、ディスプレイも商品
  も人が使いこなせてこそです。これを教育として施策として、組織が取
  り組むことが最も店舗環境を改善する上で重要ですからね。」
    
M:「ほんとうにそうですね?しくお願いしますね。」
F:「了解です。」
M:「では、私はこの辺で失礼します。」
F:「もう、お帰りですか?」
M:「展示会が終わっても忙しいですから。」
F:「今日は、ご来店ありがとうござました。」
M:「宿題沢山用意して会社でお待ちしております。」
F:「か・か・かしこまりました・・・・・」

今月もまた熱い魂を持ったお客様に来店していただきました。Mさんは現在
のブランドに移動された直後の数カ月は、毎日退職を考えながらお仕事をさ
れていたそうです。ブランド内での商品企画や店舗の運営方法に基本的なプ
ラットフォームも整備されておらず、会社やお客様、そして以前の部署の仲
間達からも取り残されていく・・・そんな想いがあったそうです。しかし、
2年間店舗を廻り、スタッフ、お客様、そして本部スタッフの、何とかブラ
ンドを「変えたい」そして「存続させたい」という気持ちが今のMさんに変
化を起こし、ブランドを進化させてきたのでしょう。

こんなMさんのいるブランドでお仕事をさせていただくことは、私にとって
も身が引き締まるものがありますし、そこに参加できることに喜びさえも感
じます。出来れば来年にでも、もう一度Mさんにはご来店頂き、Mさんだけ
じゃないですね、関係者の皆さんにご来店頂き、祝杯を上げている内容をお
伝えできればと考えております。

では また来月。

「什器職人を名乗る男」

mailmagazine

みなさんご無沙汰しております、深澤です。
「愛あるブランディングを語る店」PAL’S Bar今月も開店です。

お店には表立って活躍するカッコイイ業界人は集まらないのですが、日々、
夜を徹してお客様の為に活躍される汗と涙の似合う小売関係を私のお店に招
いて、一杯やりながらお仕事についてブ熱ーーーいお話を伺い、ちょっとだ
け皆さんにその内容をお届けするという趣向のメールマガジンです。

もし50回続いたら、リアルに何所かに PAL’S Barを作る野望もありますの
で是非、職場内、お友達、親類縁者にご紹介頂き、ブログ全盛期の世の中で
ひっそりと続けていけるようにしたいと思いますので、宜しくお願い致しま
す。では、時間ですので、そろそろ開店します。

GUEST NO.5 「什器職人を名乗る男」

バタンッ(ドアの開く音)
「いらっしゃいませ。」(私、以下Fで)
「こんばんは、深澤さんご無沙汰です。」(以下H)
「どうも、いらっしゃいHさん。」

<ゲストの紹介>
Hさんは、店舗内で利用される什器デザインを手掛ける、自称職人さんです。

F:「いやーいらっしゃいませ、いつも本当にありがとうございます。今日
  はオゴリますので、ごゆっくり。」

H:「いやぁーどうもご馳走様。」

F:「何しまひょ?」
H:「じゃー!!ヒューガルテンで。」
F:「了解しました。オッ!!タイムリーですね。」

H:「先日、深澤君が輸入ビールの展開提案を作っている時に、相談に乗り
  ましたからね。その恩を思い出させようとしてるだけですよ。でもベル
  ギービールは深いよね。僕もその後気になって色々調べたけれど、ビー
  ルごとに飲み方やグラス、そして飲む相手まで選んじゃうくらいこだわ
  りがあるなんて知らなかったから、今ちょっとハマリハジメてるよ。」

F:「そうですか・・・僕もベルギービール、あの後、結構飲んでますよ。
  でも飲む量を考えると、お値段的にボクの守備範囲を・・・超えてしま
  いますね。」

F:「さて、Hさんの仕事内容をお聞かせください。」
H:「まぁ~深澤君に、話すのもなんだけど、深澤君同様に静岡に拠点をお
  いて、WOOD素材をメインに什器・家具の作製をしています。」

F:「静岡って、一般的に知られているかどうか別として、木工の職人さん
  の街ですよね。」

H:「そうだね。世界のTAMIYAがある位の街だからね。昔から家具、
  雛具、仏壇なんかの製作が盛んで、今でも二輪車、楽器、プラモデルな
  んていう男の趣味に関する生産シェアは全国TOPだからね。こだわり
  の強い人が凄く多くいる県だと思うよ。」 

F:「あっ、それ分かりますよ!!製作の面で言うと本当に静岡のレベル高
  いですもんね。やっぱり、それって歴史的な背景があるんですね。」
H:「そうだね。」

F:「話は変わりますが、Hさんのこだわりって何ですか?」

H:「こだわりというと、大袈裟かもしれないけど、とにかく長く飽きずに
  使えるものを作りたいね。」
  「今、什器なんかも中国で、本当に安いモンが出来上がってきているけ
  ど、もっと長い目で見て、メンテナンスが直ぐに出来て、長く使ってい
  く間に風合いや色、そして手触りが変化していく、そんな育てられる什
  器を売場でも使って欲しいと思います。」

F:「そうですよね。確かに経費の面で考えると、中国で什器を作るという
  のも、僕の立場から言えば仕方のない面もあるのですが、今後店舗の展
  開幅が狭く、小さくなっていく傾向になっていくならば、本当にHさん
  が作るこだわりの世界に一つしかない什器を利用して欲しいと思います
  ね。最後になりますが、HさんにとってのVMDというかお店ってなん
  ですか?」

H:「うーーーん、コンビニって便利じゃない?でも、全てのお店がコンビ
  ニエンスである必要は無いと思うんだよね。でも、皆、なんでも出来る
  お店というか、自分のお店の存在理由が語れないでしょ。なんでも出来
  るお店ばかりで、何が出来るのかハッキリしたお店が少ないの・・・・」

F:「そうですね。」
H:「深澤君がお客様に最初に行うコンセプトワークって、まずその辺りを
  明確にする作業でしょ?」
F:「そうですね。」
H:「その部分が薄っぺらのお店が多いから、皆、何でも置ける什器、便利
  な什器、簡単な什器になってしまって同じような店舗や什器が生まれる
  のね。だからお客さんもお店に飽きちゃうのが早いんじゃないかな?」

F:「分かります。」
  
H:「僕らみたいな職人は、そんな便利さとは対極にある部分の大切さを訴
  えていきたいね。」
F:「熱いですね。」
H:「深澤君だって、やってることでしょ。」
F:「・・・・・ハイ・・・・・」

H:「VMDは大切。什器も勿論ね。でも商品はそこで暮らし、そしてお客
  様に出会っていくわけだから、商品の暮らし方というか、商品の生かし
  方を、もっとVMDで考えて欲しいと思うなぁ。」 

F:「そうですよね。商品が暮らし、生きるって分かりますよ。でも早く嫁
  に行って欲しいですけどね。」
H:「はははぁ人間と一緒でさぁ、自分がカワイイ子ほど、残っちゃたりし
  て・・・・」

F:「Hさん、今後共に宜しくお願いしますね。」
H:「じゃー仕事頂戴ね。」
F:「イエッ、こっちこそ下さい。」
H:「・・・・・呑みますか・・・・・」

今月もまた熱い魂を持ったお客様に来店していただきました。Hさんは什器
製作だけでなく、店舗のコンセプトプランからしっかり入り込んだ什器を作
製してくれます。私も何かあると相談に乗っていただける大切なパートナー
の一人です。

今後も、沢山のお客様にPAL’S Bar来店頂き、VMDやお店について熱く語っ
て頂こうと思いますので今後とも宜しくお願い致します。

「ディスプレイに一生を捧げる女性」

mailmagazine

みなさんご無沙汰しております、深澤です。

今夜も「愛あるブランディングを語る店」PAL’S Barを開店させます。
お店には表立って活躍するカッコイイ業界人は集まらないのですが、日々、
夜を徹してお客様の為に活躍される汗と涙の似合う小売関係を私のお店に招
いて、一杯やりながらお仕事についてブ熱ーーーい、お話を伺い、ちょっと
だけ皆さんにその内容をお届けするという趣向のメールマガジンです。
では、時間ですので、そろそろ開店します。

GUEST NO.4 「ディスプレイに一生を捧げる女性」
バタンッ(ドアの開く音)

「いらっしゃいませ」(私、以下Fで)
「こんばんは、深澤さん」(ゲストIさん)

<ゲストのご紹介>
普通のOLをしていた20代から一念発起して、28歳の時にデコレーター
になることを決意。あれから十数年、現在は百貨店のウインドウからスーパ
ーの販促活動まで、ディスプレイの最前線で私の企画を形にするお手伝いを
していただいています。

I:「今年齢のこと言いませんでした?」
F:「大丈夫です。実年齢は分からないようにしていますから。何飲みます
  か?」
I:「じゃーですね・・・・レッドアイをお願いします。」
F:「了解しました。いつもこれ飲んでましたっけ? タバスコは入ります
  か?」
S:「タバスコは多めで・・・・・・・・・・最近、もう徹夜明けの打ち上
  げに体が耐えられなくなってきたこともあって、すこーし軽めのに変え
  ています。」

F:「そうですか・・・いつも、無理難題、思いっきり押し迫った発注して
  すいません。今日はおごりますからどうぞ、心ゆくまで飲んで帰ってく
  ださい。じゃあ、ちょっとIさんの仕事内容を詳しく聞いてもいいです
  か?」

I:「深澤君、自分で説明すればいいじゃないですか?全く・・・・
  エッとですね 百貨店さんに入っている企画会社とか あと深澤さんも
  含めてウインドウや店内提案の企画に沿って装飾物を作成したり、用材
  を作ったりしています。あと、依頼があれば深澤さんとこの虎の巻を借
  りて、VMDの研修とかクリニックをしています。」

F:「ホントいつもお世話になっています。最近の傾向というか、そんなの
  ありますか?」

I:「そうですね。仕事内容的には大きく変わったということはないのです
  が、デコレーターとかVMDになりたい人が増えましたね。うちにも弟
  子入り志願者結構来ますモン。肉体労働&安月給なんですけどね・・・」

F:「なるほどねぇ~ 嫌な仕事とかってあるんですか?」
S:「特に嫌な仕事はないですよ。嫌な現場はありますけどね・・・・・・」
F:「オッ!!どんな現場ですか?」

S:「深澤さんとこみたいに、企画者が自分で作れるくせに人に任せて、
  いざ、作製になると現場に来て後ろでヤイヤイ言って結局、プランが変
  わってくる現場です。」

F:「申し訳ございません。もう一杯いかがですか?」
I:「じゃー日本酒下さい。『男山』」
F:「ハイ 喜んで!!」

I:「私たちデコレーターは企画者の意図と現場での状況から、そこにある
  スペースを最大限、良い方向に向かうように最高の現場を作ろうと思っ
  ています。アートという感覚ではないのですが、エンターテイメントだ
  という意識はあります。見ることで喜んでもらうということも含めて
  お客様を中心とする、お買物の環境を彩る一部だと思っています。」

F:「なるほど」

I:「だから、出来るだけセンスという言葉は使いたくありませんね。キチ
  ッとした背景があるものを、言葉で伝わる方法で作っていくということ
  を心掛けています。デコレーターは飾りつけるのではなく、様々な色と
  モノを取り合わせてお客様の心地良い環境を作ることが仕事だと思って
  いますから。」

F:「流石ですね。これからもお願い致します」
I:「プランさえ早くいただけるのでしたら、いつでもですよ!!」

F:「じゃあ、最後に今後の目標お願いしてもよろしいですか」
I:「目標は特に無いのですが、一本一本の仕事を自分のペースでやってい
  きたいです。」

F:「やっぱり・・・・そういう答えが返ってくると思いました。Iさん、
  そろそろ閉店してもいいですか?」
I:「さっき好きなだけ飲んでいけって言ったじゃないですか?」

F:「スイマセン。閉店させてください。」
I:「じゃー他のゲストの方同様、飲みなおしますか?」
F:「お客様、申し訳ありません。」
I:「最悪だ・・・・・・」

今日はありがとうございました。

国内には本当に沢山のデコレーターさんがいらっしゃいますが、いつも仕事
の規模に関係なく一生懸命に取り組んでくださるIさんにお願いすることが
多くなってしまいます。

奇抜なことや、考えもつかなかったアイディアも勿論お持ちなのですが、何
より普通のこと『置く、たたむ、かける、着ける、切る、書く、塗る』とい
う基本の作業のレベルが高い。

ディスプレイを少し時間が経った段階で確認すると、上に挙げた七大基本作
業のレベルによって劣化速度が遅くなったり、耐久性が増したりして、いつ
までも鮮度高い見え方をしてくれます。

Iさんの仕事を見るたびに基本の大切さを実感させられる私であります。
出来れば酒癖がもう少々良いといいのですが・・・・・・・
ではでは、来月の今日まで・・・・・・またお会いしましょう。

「異国の地で陣頭指揮をとる男」

mailmagazine

みなさんご無沙汰しております、深澤です。

今夜も「愛あるブランディングを語る店」PAL’S Barを開店させます。
お店には表立って活躍するカッコイイ業界人は集まらないのですが、日々、
夜を徹してお客様の為に活躍される汗と涙の似合う小売関係を私のお店に招
いて、一杯やりながらお仕事についてブ熱ーーーい、お話を伺い、ちょっと
だけ皆さんにその内容をお届けするという趣向のメールマガジンです。

今回は出張PAL’S Barということで中国の某都市での出張営業となります。
では、時間ですので、そろそろ開店します。

GUEST NO.3 「異国の地で陣頭指揮をとる男」

バタンッ(ドアの開く音)
「いらっしゃいませ」(私、以下Fで)
「こんばんは、深澤さんご無沙汰です」(ゲストSさん)

<ゲストの紹介> 
国内某スポーツメーカーにお勤め、現在は中国に設立した合弁会社に日方企
業より副総経理(日本では副社長のポジションです)として出向。フランス
スポーツブランドの中国市場開拓を担当していらっしゃいます。(主に商品
企画や営業、店頭販売を指揮されている方なのです)

S:「開店おめでとうございます。以前のVMDメルマガの読者だった私が
  まさかこの場に登場するとは思いませんでした。」
F:「そう言って頂けると非常に嬉しいですね。ありがとうございます。」

S:「中国に赴任し課題の山と格闘していた時、ある方からアパレルウェブ
  さんを紹介いただき、VMDコンサルを実施するに至った訳ですが、そ
  のコンサルタントが“パル深澤さん”だと判った時には妙な縁を感じま
  した。」
F:「それは本当に嬉しいですね。意外にも、このメルマガ海外への発信数
  が結構多いですからね。Sさんとも、最初にお会いしてから2年になり
  ますね。その間に起こった沢山のことを思うと本当にあっという間とい
  う感じです。今日は私がご馳走させていただきますので、何なりとお好
  きなものをお飲み下さい。何をお作りしましょうか?」

S:「じゃー1杯目はPAULANER(ポーラナー;ドイツビール)で」
F:「了解しました。Sさんとは中国で毎日のように反省会と称して呑みに
  行きますが、一杯目はビールですもんね。」

F:「では、少しお仕事についてのお話を伺いたいのですが?」
S:「どうぞ どうぞ」

F:「今、日本ではアパレルの関連の販売状況は厳しく、さらに中国に進出
  している日本企業もお世辞にも成功していると言える企業は少ないと思
  うんですね。その中でSさんの会社は中国でかなりの実績を作り続けて
  いると思うのですが、日本のアパレル企業の中国での苦戦状況について
  どう思われますか?」

S:「アパレルに関しても中国は非常に魅力ある市場です。しかもまだ成長
  期。当然、多くの日系企業が中国市場を狙って進出しています。そんな
  中、成功しているブランドと苦戦ブランドの差が激しいように感じます。
  成功ブランドは単店舗の売上でも日本に全く引けを取らないそうですが、
  苦戦ブランドは有名百貨店に出店してもお客様の入店が殆ど無い日もあ
  るとか。コンサバな人が多い現在の中国では、皆が知っている“安心”
  ブランドが強いようです。

  私は中国生活が3年になりましたが、日系の大手アパレル企業の方が、
  スポーツ用品メーカーの社員である私に、中国ビジネスに関して相談を
  してこられる事がよくあります。日本ではありえない事ですね(笑)。
  これも中国ビジネスの難しさをよく表していると思います。」

F:「なるほど」

S:「私が強く実感しているのは、国民性や商習慣、思考や嗜好が違うので
  日本式のノウハウをそのまま移植しようとしても上手くいかないという
  事です。ただ、日本式の良い所も沢山ありますので、“これは”と言う
  モノは取り入れるべきです。

  例えば、数値管理のノウハウは日本が圧倒的に進んでいますし、深澤さ
  んの専門であるVMDを積極的に導入するというのも商品の陳列レベル
  が低い中国では非常に有効だと思います。」

F:「そうですよね。僕も中国でのコンサルを始めて5年になりますが、同
  じようなことを感じます。
  あの~、次の質問なんですが、、、、、、」

S:「どうしたんですか?」

F:「手前味噌でちょっと伺いづらい質問でもあるのですが。Sさんの会社
  に私のVMDの知見を導入させて頂いたのですが、正直、やってみて如
  何でしたか?」

S:「おっ!!直球の質問ですね。その前に2杯目いいですか?せっかくの深
  澤さんの奢りなので山崎10年をロックで。」
F:「ハイ、喜んで!!」

S:「ご存知の通り、当初は店舗指導が全く出来ておらず、ほとんど店舗任
  せの状態でした。店舗が100に近づき、今後の更なる成長計画を立案
  した時、『このままでは色んな顔をした“shop”が出来てしまい、
  ブランドイメージの構築なんて全くムリ。今のうちに手当てしないと手
  遅れになる』と感じ、改革方法を検討しました。

  当初より改革は一過性のモノではなく継続して行う必要があると考えて
  いました。そこで、店員自身が改善効果を実感できる方が長続きするだ
  ろうと思い、見た目に違いが解るVMDから開始する事にしました。」

F:「なるほど、そして如何でした?」

S:「まぁ~、焦らないで!!
  当時は、決してVMDと呼べるレベルではなく“陳列の基礎”から始め
  ました。VMD研修の実施やVMDマニュアルの作成で、最近ようやく
  “形”ができつつあります。

  また、深澤さんのVMDコンサルを導入後、それまで見えてなかった別
  の課題も発見できました。私にとっては実はこちらの方が大きかったで
  すね。」

F:「営業の教育や展示会での施策ですか?」

S:「それもその中の一つですね。今は、ひとつの課題にある目処が立った
  頃には、次の課題やその解決方法が話し合われた状態になっていて、次
  はどの道を通ってどこまで到達するのかという“前進の仕組み”が整い
  つつあります。とは言え、新しい課題がどんどん出てくるのでゴールは
  見えませんが。と言うことで、VMDコンサルがVMDの改善だけに留
  まらず、弊社の業務改善に非常に役立っているという話でした。」

F:「あっ、なんか、そう言わせてしまったみたいな雰囲気になってますよね・・・
  ちょっと宣伝的な感じでいやらしいですよね・・・・・・・・」

S:「まぁまぁ 深澤さんのお店ですから・・・でも、いやらしいですよね」

F:「やっぱり・・・・
  Sさん、もう違うお店で飲みなおしましょう。その前に、最後に今後の
  目標をお聞かせ願えますか?」

S:「了解です。まず
   1.品質の良い商品を提供
   2.清潔で買い物しやすい店舗を提供
   3.気持ちの良い接客を提供
  上記3つのレベルを上げる事ですね。これによって買い物時のお客様の
  満足度も上がるはずです。さらに、これらがブランド価値向上へ果たす
  役割は大きいと考えています。特に2と3は中国ではまだまだ意識が低
  いのでチャンスととらえています。中国市場の発展速度に遅れない様、
  走ります。

  2軒目はいつものアイリッシュバーに行きましょうか?」

F:「そうですね。僕もSさんと一緒に走りますよ!!
   では2軒目に行くのに店じまいしますのでお待ち下さい。
   今日はありがとうございました。」

Sさんとの取り組みの中では、常に国内で行っているコンサルメニューを事
前にSさんと共有し、中国に落とし込む際に、『この内容は彼らに落ちるの
か、落ちないのか?』『納得感があるのか?ないのか?』、こんな検討作業
を行ってから実際の研修やコンサルを行っています。

僕自身の持っている知見も、Sさんというお客様であり、パートナーがいる
からこそ活かされるわけで、これは言葉や文化が違う国だから行う取り組み
ではないと日本に帰ってくるたびに実感します。

日本国内でも、企業内の理念や価値・風土が違えば、僕らの持っている知見
の伝え方、伝わり方は事前にマッチングさせるべき事柄であり、これを行う
ことが、店舗を含めて何かの施策を成功に導く、施策落とし込みの必要最低
限のマナーであると、強く感じる今日この頃なのであります。

ではでは、皆様暑い日が続いておりますが体調管理にはお気をつけ下さいね。
来月またお会いしましょう。

「VMDをアパレル以外の異業種へ日本一広める男」

mailmagazine

みなさんご無沙汰しております、深澤です。
「愛あるブランディングを語る店」PAL’S Bar今月も開店です。

お店には表立って活躍するカッコイイ業界人は集まらないのですが、日々、
夜を徹してお客様の為に活躍される汗と涙の似合う小売関係を、私のお店に
招いて、一杯やりながらお仕事についてブ熱ーーーいお話を伺い、ちょっと
だけ皆さんにその内容をお届けするという趣向のメールマガジンです。

もし50回続いたら、リアルに何所かにPAL’S Barを作る野望もありますので
是非、職場内、お友達、親類縁者にご紹介頂き、ブログ全盛期の世の中でひ
っそりと続けていけるようにしたいと思いますので、宜しくお願い致します。
では、時間ですので、そろそろ開店します。

GUEST NO.2 「VMDをアパレル以外の異業種へ日本一広める男」

バタンッ(ドアの開く音)
「いらっしゃいませ」(私、以下Fで)
「こんばんは、深澤さんご無沙汰です」(以下H)
「どうも、いらっしゃいHさん」

<ゲストの紹介> 
Hさんは、調査、診断・分析、プランニング、実践指導に至るまで課題解決
の全てを、支援するマーケティング会社にお勤めになっており、アパレル企
業以外への私のセミナー開催やコンサルティングに関する営業を行って下さ
る企画営業マンであります。

F:「いやーいらっしゃいませ、いつも本当にありがとうございます。」
  「今日はオゴリますのでごゆっくり」

H:「いやぁー珍しいこともありますね。」
F:「何しまひょ?」
H:「じゃービール!!ハイネケンで」
F:「了解しました。でもハイネケンってなんか思い入れとかあるんですか?」
H:「学生時代にヨーロッパへバックパッカーの旅を繰り返していまして、
  その中でも、アムステルダム(オランダ)が印象に強い!アムステルダ
  ムという都市はイメージ良く聞こえないんですが、現地の人々の物事に
  対する強いこだわりに興味を抱いたんですよ。そして、その旅でハイネ
  ケンの工場見学をしたこともあり、その思い出と共に、このビールを好
  む様になったんです。」
F:「そう言えば、サッカーの欧州戦見てるとオランダサポーターはハイネ
  ケン飲んでる気がする・・」

F:「でもHさんバックパッカーって何だかイメージ無いんですけど・・・」
H:「まぁ~僕にもそういう時代があったんですよ」

F:「ところで今、本当にHさんにはVMDのセミナーやら、アパレル以外
  のメーカーさんのご紹介とか、お世話になりっぱなしなんですが、どう
  してVMDをアパレル以外の異業種の方々へ広めて行こうと考えたので
  すか?」

H:「まず、今の仕事に就いた際に、メーカーや広告代理店などの店舗ビジ
  ネスに携わっている方々が、現場を知らなすぎる!と感じたんですよ。
  具体的には、以下の3点を感じた。
   1 現場(店舗)を考えていない。
   2 消費者を見ていない。
   3 ひとりひとりのお客様を大切にしていない。

  消費者は、様々な理由で来店し、様々な購買をしているのに、販売者側
  は、その店舗へ来店される消費者のニーズを無視して、リサーチデータ
  を元にマスマーケティングで、機能や用途で訴求しようとする。顧客志
  向で考えると、“使用シーン”で訴求するべきなのに・・・

  アパレルではあたりまえの様に考えられているこのことが、他の業界で
  は全く意識されていない。だからこそ、VMDの考え方を基軸に全ての
  店舗型ビジネスに伝え、顧客接点の強化をすべきであると訴えているん
  です。消費者の期待を上回る店頭を創り続けなければ、店舗ビジネスは
  生き残っていけないと強く感じています。」

F:「おーーーッ当店に相応しい熱いトークですね。」
  「でも、どうして僕と組んでいこうと考えられたんですか?」
  「正直、僕よりも大先生方がいらっしゃるじゃないですか、業界には・・・」

H:「深澤さんと組もうと思った訳は、
  『現場を第一と考えている』
  『商人(あきんど)としての熱い想い』
  この、2点がその理由。

  深澤さんと話をすると、現場を第一に考え、理論と現場の融合させて、
  新しいものを創り出そうとする意欲が他の誰よりも強いと感じてるから
  じゃないですか!!」

F:「おーーーーッ褒め殺しですね、この後のアフターも奢りましょうか・・・」
  「自分の店で自分のことを褒められるのはちょっと、こそば痒いですね。」
H:「イヤッ褒めてはいませんよ。今以上のことを期待してるんですから、
  今後、もっともっとお客様と一緒になって深澤さんには多くのリクエス
  トをしていきます。」
F:「了解」

H:「具体的には、今も数社で作っていただいたようなVMDのマニュアル
  や教育資料を通じて、より多くの小売店舗が“意図・意志のある店舗づ
  くり”を実現出来るようにしたい。

   そこに、そう陳列する理由!
   そこに、POPをつける理由!
   そこに、その色を使う理由!
   そこで、その情報を発信する理由!
   そこで、流れている音楽の理由!

  上記を理解している人って実は少ないのが現実です。
  でも、今、僕と深澤さんが行っているVMDの導入によるコンサルや
  マニュアル作成、ディレクション、教育活動によって上記の全てが
  「戦略」に変わるんです。というか、変えていってるじゃないですか!!」

F:「そうですね、うちの店の客ってホント熱いな・・・・・・」
H:「何か言いました?」
F:「イエッ!!、じゃー最後になりますが、今後の目標みたいなのがあれ
  ば是非」
  「そして もう店閉めますから2軒目行きましょうよ!!」

H:「深澤さんとVMDを様々な業界へ広める活動を始めて2年弱ですが、
  カーディーラー・ショールーム・美容サロン・消費財メーカーなど、想
  定以上の広い業界へ広めることが出来ています。セルフ販売、接客販売、
  サービス業などなど、顧客接点を持つビジネス全てにVMDを取り入れ
  て頂き、その全てのビジネスが成功することが目標です。それまでは、
  深澤さんに頑張って頂こうと思ってますのでねッ!!」

F:「そうですか、これはHさんの目標でもあり、そして僕の目標でもあり
  ますね」
  「じゃーーもう一回今後の更なる展開を期待して乾杯しますか?」

H:「ダメです」「とりあえず8月のセミナー資料やら、地方のへのセミナ
  ーツアーの企画やら、取り組んでいただく案件が沢山ありますからね、
  早く店閉めてPCを開けてください」

F:・・・・・・ハイ 今月も閉店します・・・・・・・・・池袋は?
H:「資料が出来るまでダメです」
F:・・・・・ハイ・・・・・

今月もまた熱い魂を持ったお客様に来店して頂きました。VMDのコンサル
を始めてから7年目に突入するのですが、改めて、多くの方に支えられてい
て、更に多くの方と繋がっているのだと感じました。

僕とHさんの目標は、順調に進んでいます。しかし、僕自身が更に劇的に進
化していくことが出来なければ、おそらく1年後には、目標に向かう計画も
頓挫してしまうのだという強い危機感も持っています。

お客様の進化、地球環境の変化また、それによる社会の変化、商品の深化を
考えれば、まぁHさんの言うとおり休んでいる暇は当分はありませんね。ま
た来月の開店日まで本業に集中させて頂きます。

では またのご来店をお待ちしております。

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ