ブログ

2014年5月

光の差し込む日は必ず訪れる

中国に来ております。

約3年前に新店舗のディレクションをさせて頂き

その後 VMD計画 VMDスタッフの育成 そしてMDのサポートさせて頂いていた

某ブランドの店舗ラウンドを本日 行ってきたんですが

ラウンドを行った このブランドの核となる店舗が

3年経ってようやく全て新店舗デザインに改装

さらに改装後の売上げは、この市況下でも

全店 昨年対比にて130%以上の伸びを見せてくれていました。

これまで、

日本からのサポートの難しさ

日中間の諸問題

中国マーケットの自体の鈍化

それに関連して、中々進んで行かない店舗改装実情

オーダー上の品揃え問題

スタッフのレベル感等

数えきれないくらい問題が山積みで、毎回出張の度に心が折れることもあったんですが

苦しい2年を経てようやく

光が差し込んでくるような実感を得ました。

この2年間 戦友として一緒に戦った

現地駐在のKさん

また 商社からこちらのブランドに出向し

私をパートナーに選んでくれたMさん

一緒にこの瞬間を望んでいたんですが、みなさんこの春に

社内での組織変更や移動により

外部の私が最後まで残り

この瞬間を見届けるカタチになってしまいました。

まだまだ 課題や向かうべき目標はもっと先にあるのですが

今夜は少しだけ、嬉しさとそしてご一緒出来なかった

寂しさも感じながら酒を飲もうと思います。

ではでは

VMDマニュアル

お疲れさまです 深澤です。

今年1月から少しずつ作成していた某メーカーさんのVMD企業マニュアル&学習資料が完成しました。

これで 今年マニュアルを作成したのは3本目です。

IMG_6772

IMG_6773

中身は3分構成で構成されており

基礎編

数値管理編

そして運用編となっております。

6月から このマニュアルを携えて国内20っ箇所を

行脚してまいります。

書籍として販売されているVMDの本と比べれると

見やすく、そして理解しやすく実行しやすいVMDマニュアルになっておりますので

マニュアルや自社の研修テキスト作成に興味がございましたら、

ご連絡下さい。

これからも進化し続けます!!

では

他人の人生の中で輝くことも

もうすっかり、ブログの投稿から遠のいておりました深澤です。

この間 何をやっていたのかと申しますと

この7月に渋谷自社ビルを新築されるお客様がおりまして

その1Fに開店するコンセプトショップの品揃えやらオープングイベントの内容

さらに内装から 勿論VMDまで 頭の中を支配されてしまうくらい

自分の時間を過ごせておりませんでした。

言ってしまうと 誰かの時間の登場人物になっていたかの様に

他が為に自分の持っている時間を費やしておりました。

これって 僕に取っては 勿論精神的にも肉体的も疲れはしますが

ある意味 僕の仕事内容を考えると非常に集中しているから

そうのように思えるのだと、最近は考えれるようになりました。

だれしも 自分の人生を主役として生きていますが

見方を変えれば、他人の人生の中でどれだけ良い登場人物として存在出来ていたか?

他人の人生をどれだけ輝かせたのか?(かなり大袈裟ですね・・)そんな生き方が出来ているか?

今この瞬間 そうは思えなくとも

結果として人の人生の中で良き脇役に徹することが

サービス業に携わる人間の生きる道なんでしょうね。

まぁ~そう思うと我々のような仕事をしてば

自分の人生を ハズレの無いおまけみたいなもに考えていた方がいいかもですね。


さあ 5月からは新たに海外のメーカー系VMDの仕事が目白押しです。

ありがたいことです。

今月はがんばって投稿します!!ではでは

5月のお知らせ

いつもありがとうございます。

今月5月に関しては、最終週から全スタッフ海外出張に出かけますので

お問い合わせに関しましては メール info@fukasawakikaku.net 宛に

お願い申し上げます。

 

今月も沢山のご依頼・お問い合わせを頂きありがとうございます。

 

 

こんな時期だからこそ拡大路線を貫くサロンオーナー

みなさんご無沙汰しております、深澤です。久々にPAL’S Barを開店させて
いただきます。

今日も小売の最前線でお仕事をされている方を迎えて、お客様に商品を購入
していただくことの楽しさや、難しさについて熱く語っていこうと思ってお
りますので、閉店まで是非お付き合いくださいね。

GUEST No.19
     『こんな時期だからこそ拡大路線を貫くサロンオーナー』

バタンッ(ドアの開く音)
「いらっしゃいませ」(私、以下Fで)
「お疲れ様。」(以下R)
「いらっしゃいませ」

<ゲストの紹介>
Rさんは10店舗のヘアサロンのオーナーであり、現役のヘアスタイリスト
でもいらっしゃいます。数年前、3号店の出店の際に、出店戦略と店舗VMD
についてご相談を頂き、それ以来、お付き合いをさせていただいております。

F:いらっしゃいませ、今日は色々とお話を聞かせていただく分、ご馳走し
  ますので、ごゆっくりなさってくださいね。
R:はい↓
F:お飲み物は何にしましょうか?
R:では、何かスパークリングワインを頂けますか?
F:私もお付き合いします。

F:今で10店舗になった訳ですが、凄いですよね。出店開始から約2年で
  当初の5倍の店舗数をお持ちになられたわけですが、現状は如何ですか?
R:スタッフに恵まれましたね、何と言っても人ありきですからね。
F:そうですよね。皆さん感じの良い方ばかりですもんね。

R:でも、それにしては、深澤君は、うちの店を利用したことがないよね。
  それって何か、うちで切ると問題でもあるの?
F:いえいえ、全く問題などありません。ただ単純に僕がヘアサロンに行く
  回数が少ないだけですし、ちょっと時間が空いた際に、家の近くでパパッ
  と済ませてしまうことが殆どなんです。  

R:VMDとか出店時に話しているコダワりは、自分には必要ないと・・・
  そういうこと?。
F:それ以上、攻めないで下さい。話は変わりますが、どうしてこの時期に、
  こんな短期間に沢山の店舗を出店成功できたと感じますか?
R:私の野生の勘と言いたい所だけど、深澤氏との取り組みの話を入れない
  とマズイでしょ。
F:気を使っていただいて、スイマセン。

R:まずね、色々相談にはのってもらったけど、店舗の出店時にしっかりと、
  コンセプトワークが出来るようになったことが大きいね。フラッグシッ
  プなサロンなのか?プロフィット的な店舗なのか?それとも、テストセ
  ンターなのか?大きくこの3つの考えに沿って、立地やターゲット、そ
  してそれに伴い、サービスや施術時間、そして店内で取り扱う商品など
  を、明確に出来たことは凄く良かったよ。

  なんとなく良い場所があって、なんとなくカッコイイ店を作る、それも
  大事だけど、さらに、明確に人に伝えられる理論的なものが出来たかな。

F:そうですね、10店舗店がありますが、それぞれ、オーナーの根底にあ
  る軸は一緒かもしれませんが、店の顔や、雰囲気などは違いますもんね。

R:そうだね、まだまだ納得してない部分はあるけど、お客様それぞれに、
  満足に値する感覚は違っていたりするからね。75点位かな、現状は。

F:そうですか、これからも店舗は増やしていくおつもりですか?

R:テストセンタータイプの小さなサロンで十分に、利益を出していけるよ
  うなら考えてみるけど、まだ見えてこないなぁ。大箱のフラッグシップ
  なんかは、実はまだ出店の余地はあるかと思うんだけど、今年次第です
  ね。

F:やはり、業界は厳しい状況なんですか?
R:そうだね、店舗も多すぎる感はあるし、単価は下がっているし、いい話
  は聞かないね、でも美しくなるということに対して、男女問わずに攻め
  の心を失わないお客様が私達の店舗には多いので、悪いなんてことを言
  ってる場合じゃないね。

F:心強いですね。最後にサロンにおけるサービスとVMDについてお聞か
  せ下さい。

  僕は某海外の化粧品メーカーからの店舗調査や、店舗展開のマニュアル
  作成の仕事から、ヘアサロン等の施術系サービス店舗のVMDを考える
  ようになり、その必要性を、非常に感じたのですが、実際に現場の方か
  ら見て如何でしょうか?
 
R:やっぱりね、ディスプレイっていう意味合いで捉えている人が多いかも
  知れないね。勿論ディスプレイは大事だと思うの。でも、それはそれと
  して、もう一歩、お客様のニーズじゃなく、ウォンツでもなく、デマン
  ドかな、これに応えようとすれば、必然的に、うちで販売している商品
  を使ってもらった方が、私達の提供出来ることと、お客様の要求がマッ
  チすると思うの。

  これを、どのように納得していただいて、ご購入いただけるのかを、言
  葉だけでなく、自然に目に入れていくという発想は、今までは無かった
  ので非常に役に立っていますよ。売るお店は、1ヵ月100万円以上の
  売上げがでる、ヘアケアの商品もあるので、これは見過ごせない事実で
  すからね。

F:なるほど、凄い売上げですね。
R:そう、中途半端じゃなくて、スタッフ全員に徹底して、理解させてやら
  なければ、もったいないでしょ。
F:素晴らしいですね。今後も是非、ご協力させていただきますので、よろ
  しくお願いします。
R:こちらこそ、いつもありがと。そしてご馳走様でした。


今回ご来店いただいたRさんですが、2年間で8店舗の出店、これは施術サ
ービスを提供していく店舗の中では、非常に凄い数字だと思いますし、その
判断の早さにはいつも驚かされます。また、人を育てることにも熱心で、
VMDや物販の販売を目的とした接客サービスのクオリティーの向上にも、
力を注いでいらっしゃいます。

私自身も、物販ではなくサービス(時間とスキル)を提供していく店舗の
VMDは今後も力を入れていきたい部分ですから、Rさんからのご指摘や要
望は非常に、私自身の勉強にもなります。今回、Rさんからご指摘いただい
た、店舗を利用する件に関してですが、今後は必ずRさんの店舗を利用させ
ていただきますので、これまで利用しなかった点をお許し頂き、今後も是非
がんばっていきましょう!!!

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ