ブログ

2020年5月

目には見えなかった事

仕事をしていく上でアピールする事は重要ですが

この時期、そんなアピールを目的としない

気づけばやってくださっていた事

当たり前だと思っていたが、誰かがずっとやり続けている事によって

社会が動いている事

そんなエッセンシャルワークとも言える内容に気づく事ができる。

 

基本私も日々、クライアントの会社や店舗に出向き

その時に必要な取り組みをジックリ行い

アピールという訳ではないが

目に見える成果を求めるし、求められる。

しかし、こんな時だからこそ

お客様の目に映らない部分における貢献

取り組み・サポートを

確実に実施すべきであるとった瞬間から

毎日が充実し、あれこれと

止まっていた時間が動き出しています。

 

気づけば、もう明日は金曜日

もう一踏ん張り頑張りましょ!!

 

スタートの月曜日

ようやく緊急事態宣言の解除の話が出てきました。

ホッとする反面

解除後に現状の生活の何が変えられるのか?

何が戻せるのか?という不安と

また、どのメディアからも流れてくる

新しい様式に対して

右を向いたり左を向いたりしながら

さぐり探り対応?なのか、生み出すのか?していくことに

不謹慎かもしれませんが

少しのドキドキ感を感じながら、この月曜を迎えております。

 

ポジティブに捉えるという言葉は

なんとなく強要されているようで好きではありませんが

少し楽しみを感じる程度でやっていきたいですね。

 

写真は4月最後の出張となった札幌駅で撮ったウインドウです。

IMG_2546

EC化率

これまでの日本の小売業において、売上全体から見るEC化率は

6〜7%程度でしたが

新型コロナウィルスの影響において

その割合はもちろん伸びている状況です。

特にアパレルは全体のEC化率と比べて12〜14%と比較的高い業種であるので

店舗が閉まっている状態では、その構成比が30%や40%に伸びていく状況は仕方ないですよね。

 

ただ気になるのは

ほとんどのオフライン店舗が閉まっている状態で

E C化率の高まる数値を見て

やはりECだ

もうECしか無い

などという方々が多いのが本当に気になる、、、、、

 

もちろんECにおけるサービスや内容を強化していくのは

当たり前なのだが

その購買行動がショールーミング的な行動から

WEBルーミング的な行動に移り変わり、

顧客のブランド体感・体験の一環として

オンラインとオフラインの境界を出来るだけ作らない環境を作る取り組みが

主流になりつつある中で

目先の数値の伸び率だけを見て

場当たりに動くのは

また周回遅れの投資につながるって行くんだろうな・・・・・と

また顧客を見ない投資を実施するのかと、、、、考えてしまいます。

 

ふーーーーー

手紙

お疲れ様です深澤です。

前回ご紹介させて頂いたサロンオーナー様から、

本日お手紙を頂きました。

 

内容は

ようやくオープン出来たご報告

さらにこの様な状況下においても

順調な売上であるという内容。

 

本当に嬉しい限りです。

 

オンラインを含めた、新しい取り組みにチャレンジするサロンにおいて

手紙というアナログな内容で

上記の様なご連絡を頂けたこと

心揺さぶられました。

 

今現在、アフターコロナ対応に向けた

沢山のデジタルによる変革が求めらてていますが

心揺さぶられる感動は

人の手による

アナログな部分があってこそだと

改めて実感いたしました。

 

変革は大切なんですが

目の前にある一歩の取り組み、そしてそれによる実績が

私にとっての明日を作るのだと

思っております。

 

本当にありがとうございました!!

ヘアサロンでのVMD

20200505_LH03_リニューアル高崎店_3

緊急事態宣言前の最後のお仕事として

ヘアサロンのディレクションをさせて頂きましや。

 

4月末の開店予定だったんですが

実はまだ開店しておらず、工事資材等の手配遅れもあり

ようやく今週に入って内外装が完成致しました。

これまでもサロン系ヘアケアブランドのお手伝いは何度もさせて頂きましたが

ヘアサロン自体のディレクションは初めての経験です。

20200505_LH03_リニューアル高崎店_3

商品展開のスペースはブランドの都合上

掲出を控えさせて頂きますが

大変良いサロンになりました。

20200505_LH03_リニューアル高崎店_15

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ