陳列は既成概念を打ち破ることから | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

陳列は既成概念を打ち破ることから

売場作りを実施していく上で、私自身はIP,商品陳列を最も重要にしている。

VMD的には、VPやPPといった演出・提案スペースの重要性について語られることが多いが

今、顧客が目にしているスペースの魅力や、最終的な買い上げ率を向上させる成果は

演出や提案スペースに紐づいた陳列部分の魅力度によるものが大きい。

もちろんこれには、技術的な部分ではなく商品分類や品揃えというMDや売場作りの基本項目の精度があってこそである。

その上で、お客様にとってあたなの売場作りを唯一無二の存在にする為には

商品の魅力を視覚的に伝える陳列方法を考えることが重要です。

商品陳列の方法を考える際には

まず一品の魅力を引き出せる内容に注力できているのか?

今までの当たり前に囚われていないか?

手に触れやすいか?

棚に戻しやすいか?

継続的に実施できるか?

商品の痛みや破損、劣化につながらないか?

諸々考えていくと、これまでの陳列方式に戻ってしまうことが多いのですが

既成概念を一度打ち破り

商品の魅力度向上に一品から取り組むからこそ

売場全体を見たときに、お客様との繋がり方が全く新しいカタチに生まれ変わります。

一品の見え方を変えることは

お客様に新たな気づきと発見を与える可能性を持ちます。

陳列とは魅力と価値の再発見につながる店舗の新たなDNAの基となります。

売場作りに悩むなら、これまでの商品陳列に関する既成概念を壊し

まず自らが商品を見る視点・そして魅せる視点を変えて見ては如何でしょうか?

本日も午後からお天気が崩れそうですが

みなさま本日もご安全に〜〜

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。