消費思考が変わるタイミング | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

消費思考が変わるタイミング

お疲れ様です深澤です。

連休はいかがお過ごしでしょうか?

連休前半の最終日となる昨日、渋谷・新宿地区を中心に店頭動向をリサーチして参りました。

あいにくの雨という天候だったのですが

渋谷・新宿付近では、私の予想以上に買い物目的のお客様が多かったという印象です。

ただリサーチした商業施設の入館数に対して、

それぞれ個別にブランドや店舗の入店客数を見ていくと

客数が伸びている店舗と全く入店してもらえない店舗の差が非常に大きく

勝ち負けのはっきりした状況が目に付きました。

コロナ禍以降、この約2年間を少し振り返ると

お客様の消費思考は

不足・不満・不安・問題そして安心、安全という

満足の追求ではなく、不の解消が中心となっており

機能や価格という感じるより考えて買う消費思考が強くなっていたと思います。

もちろん、その中心はオンラインであり

予期せぬ出会いよりも、あらかじめ期待していた出会いを安全に安く購入する行動が

購買行動として定着していたと考えております。

しかし、このGWに入り

店舗の入店状況や購入店舗・商品を見ていくと

お客様の消費思考が一気に

不の解消から、理想や期待の実現、希望の追求に変わり

肌寒い天候であっても

夏を感じさせる商品や、未来に向かって明るさや新しさが打ち出された店舗、商品の

誘因力が非常に強くなってきたと考えております。

その結果、新しい未来が打ち出されていない店舗、これまでの不の解消の延長にある現在を

打ち出していた店舗の客足は非常に鈍い状況であったように思います。

連休前半戦の皆様の店舗状況はいかがでしたでしょうか?

まだ国内では毎日の新規感染者数は高い状況にありますが

お客様は、このGWを一つのターニングポイントとして

確実に明るい未来思考の体験・時間そして商品を求める動きに変わったのではないでしょうか?

私の希望的観測も、このブログの内容には含まれているかと思いますが

これまでとは、明らかに求めるモノ・コトが変わるのが今、このタイミングなのではないかと感じております。

明日以降の店作りに少しでも参考になれば幸いです。

最後までありがとうございました。

店舗・売場に関するお悩み、VMDに関することはお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはコチラから

または、info@administrator

みなさま 本日もご安全に

深澤智浩

深澤 智浩

株式会社深澤企画 代表取締役

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。