男の料理とVMD | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

男の料理とVMD

最近 お気に入りの料理があります。
手芸や雑貨店の売場作りをお手伝いさせていただくようになってからリンカランという雑誌を読むようになりなした。
この雑誌に掲載されていた煮豚のレシピが最高に美味しいんです!!!

料理を作るというのは 出来上がりの状態をとにかく明確にしなければ 素材と調味料のバランスや器と彩りのバランスが悪くなるので美味しい料理を目と舌で味わうことが出来ません。
このあたりの感覚は売場作りのイメージトレーニングには持って来いなんです。

売場の完成形が明確でなければ必ず レイアウトや陳列の変更をしても ポイントポイントでは満足しても売場の全体像は全く変わった感じがしなかったり 変更前よりバランスが悪くなったり ストックしてしまう商品が増えてしまったりと意味のない作業を増やすだけです。
是非 売場のお手入れや変更を行うときには 先ず色 量のバランスを商品郡のテーマ毎に明確してから始めてみませんか。簡単でもOKですから決めたことを図に描くことです。図には勿論テーマ 商品内容 色 量を記入しましょうね。
この図を毎回必ず保管して プランと結果 そして検証を行うことで 皆さんだけの売場のレシピとなります。書いて残すこれが後から凄く大切な資料になりますし 書けないことは実際に出来ないことが多いんです。逆に書ければ必ず出来ます。作業の前に気づけることが多いんです。

では 最後になりましたが 煮豚の調理風景です。
先ず 角煮用の豚ちゃんを用意します。
この際 付け合せの野菜 器 必ず決めておくと良いですね。(包丁 まな板 鍋なんていう道具も良いもの使うと美味しさ倍増です。)

そして美味しいタレの作成 コノたれが絶品!! チャーハンにしてもスープとしても最高!!
最後に付け合せに 今結構買いやすくなった京菜 水菜をきざんで出来上がり!!

おつまみでもおかずでもどちらでもOKです。
W杯のお供に男の手料理振るってみてはいかがですか?

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。