ブログ

贅沢な時間を

お疲れまです深澤企画 深澤です。

まず、この様な状況下においても

先々の予定に関して、ご依頼・ご要望いただいている事、本当に感謝しております。

 

私も現場での施工以外のお仕事に関しては

東京の自宅でお仕事をさせて頂いているのですが

この間、これまで購入したことのない商品をECサイトで購入いたしました。

 

ジャージ2着

 

コットン素材じゃ無く、ポリエステル100%のジャージ

 

ジャージ楽ですね、、、、、スエットだと

どうしても部屋着感が強くなり

なんとなく重たい感じがしてしまい

あえてジャージ、今風にいうとトラックスーツですかね 笑っ

 

 

通販サイトにて購入しているんですが

1着目の購入時は、、、、、実は失敗

どうにも、思ったよりもサイズ感が小さい

記載されたサイズをしっかり調べたんですが

これまで購入したことが無いブランドでしたので

どうにも気になる

 

出来れば店舗に行って試着したいんですが、、、行く気も起きず

サイズ交換して頂きました。

 

うーーーん

ECでのお買物もすごく楽なんですが

こうなると

店舗に行って買うって

とっても贅沢に思える。

しかし、それが当たり前の状況下では

時間もお金も使ってわざわざ店舗に行くなんて、、、と

そんな気もしてはいましたが

今は、時間もお金も使ってわざわざ買い物に行くって

贅沢!!

そー思えてきます。

 

まだまだアフターコロナなんて言える様な状況ではありませんが

その時が訪れた際には

リアル店舗での買い物ってやっぱり素敵

こんなに私達にとって贅沢な時間なんだと

改めてお客様に感じて頂くこと重要ですよね。

 

それには

店舗内においてもリアル・WEB双方向から

私にぴったりを体感出来るサービス(価値提案・体感出来る時間・空間・気づき・学び)

そして人を介して行われる感謝の伝え方

この辺り絶対に強化しなくてはなりません。

 

ここが変われるタイミングだと気づけるかどうか?です。

 

今は、店舗に行ける喜びを期待しているお客様も

提供者が、お客様が来店されて当たり前の様に

以前と変わらぬ小売・サービス業のリアル店舗の在り方では

現在の買物環境は、このタイミングにおいて衰退してしまうんだろうと思える今日この頃です。

 

家には留まるべきですが、

リアル店舗のサービス基準は

過去の当たり前を脱すべきタイミングに来ております。

 

 

 

 

 

VMDの、、小売業の一丁目一番地

お疲れ様です深澤です。

イオンモールも営業自粛ですね、、、

高崎のイオンのリニューアルが迫っていたんですが

準備は実施するというコトで

準備物を揃えるのに苦労しています。

 

さて

今日のタイトル、一丁目一番地なんですが

私もコンサルという名称を会社にもつけおりまして

色んな代理店

リサーチ会社とのお付き合いがあるのですが

そんな方々との会話の中では

毎回と言って良いほど出てくる出てくる

ビジネスのトレンド用語や

新たなマーケティングキーワード

私も気を許していると

つい

使い込んだ様な空気を出して

お客様との打ち合わせの中で使ってしまう事があります。

 

ハッキリと申し上げると

お客様の課題や問題に対して

小難しい理論やワードを

使って改善策を打ち立ててしまっていたこともありました。

正直

VMDってワードすら

そーなのかもしれません。

 

ただ小売やサービス業の課題に関しては

一貫して

以下の3つの課題しか基本的にはないと思っています。

1) 商品を販売する環境が、お客様にとって必要な商品が見つかる店という環境に出来ていない

2) 店にある在庫をお客様にとって必要だと思える商品にする事が出来ていない

3) 上記2つを継続的に運営できていない

もちろん、上記が出来上がっている上に

更なる新手法・新技術を導入して

レベルアップを図る場合もありますが、、、

 

自社・自ブランド。自店・自社製品が売れないと思っている際は

必ずと言っていいほど

上記の3つの一丁目一番が、当たり前に出来ていると言う思い込みが原因です。

これを直に受け入れ、上記3つの出来る化、見える化に取り組まないと

抱えている課題や問題は

不要なデータ、現場の追いつかない技術

高尚な理論・何処で誰が考えたか分からないワードに彩られた

解決案に踊らされるだけでありますよ。

 

ベタな話でしたが

あるあるです。

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

動画でVMD

皆さんこんにちは

深澤企画 深澤です。

この3月に某チューストア向けのVMD動画教育プログラムをスタートさせました。

これまでも、一昨年辺りから幾つかのクライアント様にて動画教育を作成・実施してまいりましたが

どうも、カメラを前に話すのが、、、、、、、苦手でして、、、、

 

今回はフルアニメーションにて

教育教材を作成致しました。

時間として約15分ほどの動画ですが

90分程度の研修内容をギュッと凝縮しており

40店舗にてパートアルバイトさんも含めて数千名が必ず視聴するシステムになっております。

 

視聴開始から一ヶ月

続編の依頼が届いておりますので

効果が高く出ていると考えております。

 

動画教育は、どうしても一方通行のスタイルとなってしまいますが

1)見る側都合で視聴できる

2)理解出来るまで何度も視聴できる

3)教育資料としてポイントを絞り込んで作成するコトで内容や時間を要さない

4)伝える側のコンディションに左右されない

などなど

これからの教育には欠かせない研修方法である事が

私自身も実感できました。

 

リアルな人と人の繋がりや、お互いにリアルタイムで共有する時間は大切であることに異論ありませんが

実施すべき対象者数や、その雇用状態を考えると

多くの店舗と人を繋いでいく仕組みとしては

動画教材と、その教育方法に関しては

今後も深澤企画として

高いクオリティーの内容を作成していかなくてはと思うばかりです。

ではでは

近況報告

皆さん

如何お過ごしでしょうか?

コロナウィルスの影響で世の中がすっかり変わっていく様ですね、、、

私はというと、現在住まいを東京に移して生活しておりまして

慣れない都会生活の中で自粛ムードの行く末を見ております。

この2020年に入り、やはり仕事も3分の一程度止まっております。

どうにもならぬ不安な状況下ではありますが

先ずは一つ一つの、1店舗1店舗のサポート業務を丁寧に進めております。

その中で空いた時間に読む書籍

これまで購入したにも関わらず読み損ねていた書籍を開いては

メモや、これまでの知見にプラスできる内容を

一つ一つ確認できる時間をいただけている様にも感じ

出来るだけポジティブに捉えて

前を向く毎日ですね。

 

走っている時は分からなかったり

見過ごして来たモノ

こぼれ落ちてしまっていたモノ・コト

次の一歩にして行ければと考えております。

ではでは

また投稿いたします。

休み明けの中国出張

夏休み明け、9月に開催される展示会準備のために中国出張してまいりました。

途中、杭州にて担当ブランドの新店舗の確認を行いながらの

弾丸ツアーとなりましたが

現状抱えている課題が

現場を見て、

現地の社長、担当者、現場スタッフと

話をする中で、その課題の本質も

打ち手も

一つ一つ見えてくるような出張となりました。

 

夏風邪拗らせているような場合じゃないですね、、、、

 

明日はお客様の原宿店での

某ブランドコラボ企画の発売日となりますので

早朝から最終チェック頑張ります!!

ではでは

ではでは

 

 

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ