ブログ

2006年2月

ハードな出張 3

この出張を綴る最後に なぜこんなに中国での仕事に取り組んでいるのかを少しお話します。勿論 私には日本にもお客様がいて今後も誠心誠意大切にお手伝いをさせていただこうと思います。

ただ中国に行くまでは 特に言葉の問題 

例えば日本で開催されるビジネス関連のセミナーは簡単なコトを説明するにも横文字やファッション用語 ビジネス用語が沢山出てきて実際に何を言っているのか私自身も聞いていて分からないことが沢山あります。

こんなことを漢字の国に行って改めてホントは誰にも正確には通じないと痛感ました。

今では 特に専門用語を省き日本語で出来る限り分かりやすく説明する研修のほうが日本でも高い評価を頂いています。

また ファッションや小売で まだ中国のレベルが遅れているから行くのでは?とも思われがちですが 現地に行って見れば そう思われている方々の殆どがスケールの大きさや欧米 欧州との企業との直接対決に尻込みするんじゃないかと思います。

今 中国は極端なスピードで各分共にやはり世界的に急成長しています。

アパレルWEB千金楽社長に中国での仕事をする以前にこんなことを言われました。

「3年後 5年後になって中国に行ったって何の仕事も無いよ その頃にはもう 出来あがちゃってんだよっ!!」

「だから 今 もうやれてなきゃ駄目ッ!! 今信頼されてなきゃ駄目」

「中国だけの話では無いよこれはッ」って言われました。

このブログやメルマガの読者様はイギリス スペイン アメリカ 中国 韓国など世界中で読んで頂いています。私の仕事を国内だけでなく 世界標準でサービス提供するには今 世界の目が集められている中国に行くのは当たり前の必然であって単純に景気が良いとか 何とかという理由だけでは無いんです。

そしてそれが 必ず最後には自分の国を理解し 日本での仕事に役に立つ唯一の方法なのではないかと今は考えています。

だから これからも 行きますよ・・・・・GO FOR ITです。

ハードな出張 2

前回の上海 杭州の続きからです。

バスで杭州(今日本のCMでもお馴染みになってきた綺麗な街らしいです・・・全く観光していませんので・・・・・おそらくの話です・・・・)

かなり遅い時間に杭州に到着。ホテルに着くと先ほど上海のバスターミナルで食べたカップ麺のことも忘れて買出しに行こうということになりました。街中のホテルのはずだったのですが歩けど歩けど全くコンビニの気配すらありません。やっと灯りに辿り着くと そこは妖しい歓楽街が!! 某KBCさんの目が輝き見違えるように生気が戻ってくるではありませんか!!

「深澤さん明日成功さる為に今日は早く寝ましょう。そしてとりあえず一杯やりましょう。」

そう言うと彼はせっかく買ったお弁当をコンビニ忘れているにも関わらず ホテルに帰ることにしました。

翌日 朝食後 セミナー会場に移動です。中国のお堅い雰囲気だったら日本でもセミナー嫌いの私にとってはキツイな~と思っていたのですが会場に入ってびっくりです。今回の為に会場内には仮想の売場から私の為の舞台セットまで組んであるではないですか!!!(セットには高級陳列師の勉強会と書いてありました)


さらに会場内は若者ばかり!!
おまけに昨日コンサルに入った会社の面々も。
巨大なスピーカーからは中国のDISCOサウンドが流れ司会の男性は受講する生徒さんたちに何か大きな声を張り上げて煽っているように見えます。

(深澤解釈)
「イエーイ VMDの研修会を始めるぜー みんな勉強しちゃおうぜー」 ホントこんな感じに会場を温めてくれてているようでした。

でも いざセミナーが始まると戦いです。彼らの真剣さは黙って聞くなんてことはしません。

少しでも疑問や問題点を感じたらどんどんマシンガンのように意見してきます。でもこんなことも慣れてきましたので 黙らすところは黙らせ 見せて聞かせて理解させます。

これを朝9時~夜の9時まで2日間 昼 夜の食事を挟んで時には実際の売場に出向いて研修しました。非常に新しい日本でも無いスタイルのセミナーだったと感じています。

でも ここまでやらなければ 教える内容も理解度の手ごたえも感じられないでしょうし、もし日本でVMDのセミナーを開催するなら私もこのくらいセットや会場を用意すべきだと教えられました。

セミナー自体のスケジュールは非常にハードでしたがセミナー終了後 全員の生徒が駆け寄ってきて写真撮影や握手のお願い 私とのコンタクトの取り方など熱心に聴いてきてくれて本当にやってよかったと思える終わり方が出来ました。でも この後 また夜のバスで上海に移動をするまでは・・・・・・ 明日 21日から 今度は中国広州のお客様の下へ出張です。16日に帰国してから この3日間久々に体調を崩して病院で点滴浸けの日々です。

私はこのままで大丈夫でしょうか?・・・・アパレルWEBのKBCさん(笑)

でも KBCさんのお蔭で安全に何の心配もなく 本当に仕事に集中できます。

海外で仕事をする上で 何よりも安全で仕事以外の心配事が無いのはとにかく一番重要なことだと思います。ホントお世話になってます。では では

ハードな出張 1

ご無沙汰してます深澤です。11日から中国の上海 杭州と出張に行ってきました。上海では現地で特に人気があると言われているカジュアルブランドのVMDコンサルです。売場に行くといきなりこんなゲームメーカーとのコラボレーションVPが!!?? やっぱりまだ彼らの頭の中には(VPの役割=目立つ=売れる)という図式があるようで この辺を説明しながら直したり 理論や概念の説明にかなり苦労しました。 今回の出張はこれ一件ではなく 別で中国のアパレルで最も力のあるアメリカ系コンサルティング会社が主催するセミナーの講師を行う予定となっていました。

夕方 17時に先ほどのカジュアルブランドの本社を離れるとそのまま 長距離バスで上海のお隣の杭州に移動です。バスターミナルに着くと なんとなくもの寂しい雰囲気です。

「大丈夫かいな~?」と思いながらも 顔は笑顔でアパレルWEBの某KBCさんに

「お腹が減ったんですが・・・」と話すと

「じゃ~深澤さん ここで食事しましょう!!」

買っていただいたのはこんな丸々油で揚げたハンバーガーとカップヌードルです。

そこで二人 誰も居なくなったバスターミナルで食事です。

この画像を見ていただいてお分かりかと思いますが 実は私の旅は本当にハードなんです。昼はお客様と戦って夜は長距離バスで移動。 昔テレビでやっていた若手芸人が旅する過酷な番組のようにハードなんです。一見華やかそうに言われる仕事ですが実際は猿岩石レベルです。ピンクのワゴンで恋人でも選べれば話は別ですが 実際はこの後 真っ暗な長距離バスに揺られて 行ったこともない町に寂しく移動です。 つづく・・・・・・・

 

オススメBGM

皆さんはお気に入りのBGMってありますか?

私も最近は音楽自体を以前よりは聴かなくなったのですが 事務所を移転してから環境のあまりの静けさにBGMをかけるようになりました。

「最近のオススメは・・・」と書くと新譜の紹介みたいに聞こえますが 20代のころから静かに仕事をする時は デビットシルビアンのSecrets Of The Beehive, 1987 Virginこのアルバムです。坂本竜一も参加していてとにかく静かに仕事に集中出来ます。デビットシルビアンは元JAPAN(元祖ビジュアル系??と言われていますがXJAPANではありません)のボーカルで坂本竜一のピアノに最も似合う声を持った方だと思います。

あと売場で聞きたいというか 「BGMどんなのが良いですか?」って聞かれた時は必ず

コレ!!!オススメします。Café del Mar

以前フランスで仕事をしていたときにショップでBGMに使っていて スタッフに「コレなんてタイトル?どこに売ってるの?」って聞いて速攻で5枚くらい買い込みました。それからの付き合いですから もう5、6年かな・・・とにかく いつも聞いてますがどれも良いです。

Café del Mar はイビサ島カフェデルマーのカリスマDJ、ホセパディーヤの選曲によるコンピレーションで どこで聞いても海の夕日を見ているような感覚に陥る傑作ぞろいです。

売場でもオフィスでもBGMは作業の能率を上げたり 買う気を邪魔させずに売場の世界に引き込む為の重要なエレメントです。是非 皆さんの職場 売場の世界に引き込む力のある音をチョイスされては如何ですか?

ちょっと嬉しかったので文化について考えてみました。

昨日 近所の神社の豆まきをお手伝いしたら 

こんなの貰っちゃいました。



豆の入った福袋と ちょっと大き目の枡。

なんだか期待していなかったので ちょっと嬉しい。

お金を出しては 買わないけれど貰うと嬉しい!!!

伝統的な日本の習慣や行事 そしてそれに使われる器や工芸品など日本の文化に少しでも触れた瞬間 今の私たちの生活が如何に日本の文化(生活様式や日本人が積み上げてきた有形 無形の成果の総体)から外れていこうとしているかを感じます。

文明だけが優先され文化が取り残されていく感じが・・・・・ 私も、もう少し 自分の国の美しさについて学ぶ必要がありますね。。。。皆さんは如何ですか。 文化 良く使う言葉ですが 辞書で調べると凄く深くて有難いお言葉でした

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ