ブログ

2020年6月

VMDのリモートワーク

3月中旬から一気に今年の前半に抱えていたプロジェクトがストップしていきました。

『どうなってしまうんだろ??』

当初は、あたふたしているだけで

正直にお話しすると、心は休まる事なく頭はフリーズした状態でした。

 

そして現在

自宅事務所での作業が増えました。

しかし、リモートの体制が確実に整い

昨日はから今日に掛けては

中国のクライアントに店頭の追加発注の要請

デザイン・型数の決定までを

半日で終わらすスピード感が持てる様になりました。

 

これまでは、出張ベースで色んな取り組みを実施しており

先ずは現場に赴く事が第一優先として考えて参りましたが

リモート体制が整うと

これまでの考え方や取り組み方を否定出来るほど

スピード感を持って距離を感じない取り組みができる様になってきています。

 

もちろん、まだまだコロナ以前の様に

沢山のお客様と全てを取り組みている訳ではありませんが

この状況下における

新たな取り組み体制が整いつつある事は

私たちにとって、明るい希望の一つとなっております。

 

売場作りのキーワード 『近・短・速』

タイトルに『近・短・速』と書かせて頂きましたが

このコロナの状況により

本意では無く

半ば自由を奪われたお客様の買物現場における

店舗へのニーズをまとめていくと

近くで

短時間に欲しいモノが見つかり

速く会計まで出来ればあなたの店舗で購入します・・・・という3つにまとめられます。

 

もちろん、この3つの前に

衛生的な取り組み等

基本的なコロナ対応は当たり前の話なのですが

『近・短・速』で欲しいものが見つからない

買い物が出来ないと

それだけでお客様は購入店舗をスイッチしていきます。

大袈裟に言う様かもしれませんが

これが現実に店舗に求められるキーワードとなってまいりました。

寂しいと思う反面

出来ることから見直し

力を入れていかなくてはなりませんね。

 

ではでは

 

 

 

 

空きスペースをDIY

事務所の裏手に小さな空きスペースがある。

このスペースはこれまで小さな菜園を作って以来

夏は雑草との戦いの場でしななかったのですが

この週末に意を決して、人工芝を一面に貼ってみました。

IMG_3505

 

これまでも壁面やグリーンウォールを作成する為に

人工芝は使ってきたんですが

約50㎡の面積空き地に一人で芝を貼る作業は

中々ホネが折れるモノでしたが、

完成すると簡単に商品撮影が出来そうなスペースに変身。

これから少しづつ使い道を考えて行こうと思っております。

VMD DIY

ではでは

 

VMD 売場作り

VMDコンサルタント

リモートにおいても売れるを見極める

毎週、火曜日は朝から先週の売上動向が届いてきます。

毎週のルーティーンなんですが

4月以降は、完全にこの作業もリーモート

 

客数の変化

売れ筋の変化

販売数量の変化

気温の変化

そして顧客の価値基準の進化

 

これは一気に変わることよりも

変わりゆく状況の中での

ちょっとしたターニングポイントを見つけ

今後の売れるを

欲しいを見極める上で

止めるこは出来ません。

現場に伺えない分

多数の状況を簡単に動画や画面で見えれる状況にして頂いたことで

これまでよりも店舗数も

情報も増えてまりました。

 

リモートにおいても

売れる・欲しいを見極める

まだまだ、出来ることがありそうです。

 

VMD

売場作り

VMDコンサルタント

深澤企画

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ