コロナ禍の売場作りキーワード 『近・短・速』 | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

コロナ禍の売場作りキーワード 『近・短・速』

タイトルに『近・短・速』と書かせて頂きましたが

このコロナの状況により

本意では無く

半ば自由を奪われたお客様の買物現場における

店舗へのニーズをまとめていくと

近くで

短時間に欲しいモノが見つかり

速く会計まで出来ればあなたの店舗で購入します・・・・という3つにまとめられます。

 

もちろん、この3つの前に

衛生的な取り組み等

基本的なコロナ対応は当たり前の話なのですが

『近・短・速』で欲しいものが見つからない

買い物が出来ないと

それだけでお客様は購入店舗をスイッチしていきます。

大袈裟に言う様かもしれませんが

これが現実に店舗に求められるキーワードとなってまいりました。

寂しいと思う反面

出来ることから見直し

力を入れていかなくてはなりませんね。

 

ではでは

 

 

 

 

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。