代替品消費社会 | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

代替品消費社会

お疲れさまです 深澤です。

上海に来ております。

中国はパクり商品ばかりだ!!なんていう方々が多いのですが

まさに、パクリ商品多いです。

しかし、じゃーー日本はどうなの?っていうと

代替品が多いですよね。

本物が買えない、数が足りない、価格が高い

上記の3つを理由に企業や各メーカー、そしてデザイナーさん達が努力に努力を重ね

代替品を作り、定着させ

そして いつしか代替え品が本物として幅をきかせてしまっている・・・・

そんな 消費社会ですよね。

アパレルに限らず、食品だって何だって

本物と言われるモノに出会い、実際に触れてみると

本物だと思っていたものが

代替品だと気づく

そんなことが42歳になって本当に増えてきました。

代替品を生み出すことと、本物を購入する努力をすること

どちらを褒めるべきなのでしょうか?

最近は分からなくなってきました・・・・

ふぅーーーーどうやら疲れているんでしょうかね。。。

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。