ブログ

VMDの基礎講座3 売場作りの目的を明確に

VMDは基本的にVP/PP/IPという3段階のプロモショーン活動を

店舗内で実施することを目的とした売場作りの概念です。

この3段階のプロモーション活動を実施する為に

レイアウトプランや動線計画を見直していくのですが

大型の店舗では商品カテゴリーや什器毎に

詳細な3段階の売場作りを実施していくことが重要です。

 

 

要は商品内容や売場のサイズに関係無く

どんな小さなコーナや什器内でも

3段階でPR活動を考えていくことで

VMDは実施できるのです。

 

ではVP/PP/IPそれぞれの目的を確認していきましょう。

VPの目的はPR活動の中でも

REACH

その活動内容の到達度合いを重視します。

よって、目を引くインパクトが重要視される訳です。

PPの目的は

STOPです。

お客様の足を止め

手に触れさす

それを重視していかなくてはなりません。

そして

IPの目的は

PURCHASE

購入して頂くことに他なりません。

私のクライアントでは

VP PP IPという呼び方だけでなく

その目的を用語して

REACH→STOP→PURCHASEという様に

3段階の呼び方を変えているお客様も少なくありません。

 

3段階で取り組む売場作り

目的を明確化し

 売場作りの取り組み時に生まれる

Why 〜なぜ〜 を明確に

示していくこと

 

時間と労力を掛けて取り組む内容ですから

目的を明確にした取り組みこそが重要になります。

 

ではでは

関連記事

VMD用語 一覧へ

ブログトップへ戻る

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ