VMDとは? ~VMD用語について深澤流で語る~  VMDの基本 | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

VMDとは? ~VMD用語について深澤流で語る~  VMDの基本

VMD (ビジュアルマーチャンダイジング)!!今更ながらにVMDって言葉について語ってみます。

VISUAL (視覚的に魅せる)のVとMERCHAN DISING(商品企画)のMDを組み合わせた和製英語です。その言葉通り売場内で視覚的に計算された商品企画を行うというのがビジネスの上での模範的な解釈です。見やすく、買いやすい売り場つくりなんていわれています。

ですが売場を管理運営するのは常に現場サイドです。お客様を知っている点でも現場の意見は非常に大きくなります。
VMDを運営するにあたって顧客とのコミニュケーションによる情報のフィードバックと、それを基にした現場サイドの編集能力がVMD運営に必要不可欠だと信じてやまない私には、

VMDとは
売れる理由(仕組み)× 商品を魅せる(技術) = ブランド表現と商品提案の仕組み(VMD)となるわけで、

ただ偶然に見つけて買っていただくために商品と売り場を作るのではなく、

お客様とのコミニュケーションから私達商品を提供する側が、

必然的にお客様にとって素敵な商品と出会っていただく仕組みを作ること、

そして素敵な商品に更にお客様にとっての付加価値を生む満足を提供すること、それがVMDだと思っています。

深澤流 VMD解釈は
VMDとは 『店舗で表現される売れる理由と魅せる仕組みからなる物語
(ストーリー)である。』

色んな解釈がありますが 参考の一部にしてください。

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。