深澤流VMD用語 〜PP(ポイント オブ プレゼンテーション)〜 | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

深澤流VMD用語 〜PP(ポイント オブ プレゼンテーション)〜

PPについて語る。

今回はPPについてお話します。PP(ポイント オブ プレゼンテーション)や
(ポイント オブ セールス プレゼンテーション)の略語で店内における販促効果の高いディスプレイのことです。

続きをどうぞ

よく売り場に行くと 『ディスプレイしたら売れました!!』とか
『コーディネートをトルソーで見せたらお客様の反応がよくなった』などPPに関しての販売スタッフの意識は高く、
PPの良し悪しで売上が決まるようにも言われています。

さてこのPPですが、特に『こうしたら売れる!!』とか『絶対に結果の出るPPはここが違う!!』という話はまた別の機会にして、
今回はPPも陳列の一部ですよ、という考え方について提案してみます。

売り場の商品は各ゾーン、コーナー、ユニットなど全体の商品群からお客様の求めるスタイリングに向かって体系化されていきますが(商品分類)、
この中でそれぞれ体系化された商品群をより具体的に伝える役目を果たすのがPPです。
わかりやすく言うと、集積された商品群のなかで品種同士、個々のアイテム同士の役割と関連性をサンプル的に陳列する方法としてPPがあるのです。

ですから『これが売れないからPPしてみます。』とか『このスペース寂しいからPPで埋めよう。』なんて言うのはその場面や瞬間ではありえても、
常に『売り』だけを基準にPPを考えると反ってマイナスの要因につながることも少なくありません。

そこで今回の深澤流PPの解釈は『PPとは商品にまつわるストーリーのサンプル陳列です』となります。

今、そこに陳列された理由、コーディネートそして集積された商品との関連性を一つの物語としてサンプル的に陳列する方法こそがPPの役割です。

店内のディスプレイという言葉でPPを表現すると、私にはどうしても飾り付けるという古い表現のイメージがあって、
お客様にとっての買いやすさが損なわれているように感じられます。

今のお客様は飾り付けられたイメージよりも『ありのままの商品』を見る力がありますから、
お客様の求める商品に気づかせてあげるお手伝い的なサンプル表現でPPの役割は十分かなーと思う今日この頃なのです。

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。