訪れることではじまる専門店の存在意義 簡単な買い物体験だけが全てでは無い | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

訪れることではじまる専門店の存在意義 簡単な買い物体験だけが全てでは無い

地方発

お疲れさまです 深澤です。

このところ 自動車 ファッション  雑貨  家具  八百屋  タバコ屋  床屋 菓子屋 ect

ありとあらゆる商品に関する地方に存在する専門店の特集を行った雑誌を良く見かけます。

私個人としても年内で20軒以上

ショップデザインからMD そしてVMDまで参考にしたショップがある程です。

都市部で仕事をしていると

どうしてもハンプトンスタイルだのブルックリンスタイルだのと

今が旬だと感じられるショップデザインやMD提案に流れ流されまくることも正直あるんですが

先にあげたショップは、長い年月 オーナーの

こだわりによって積み上げて来た商売と商品のSTYLEが見えるショップになっており

流行の情報や世界のトレンドだけでは作れない世界観を感じさせてくれる、そんな専門店に仕上がっています。

現在 ある意味 早く簡単に分かりやく消費するという

買い物を簡単に終わらせるというカタチが

ネットやスマホによって一つの完成系に向かっていますが

これらの専門店では、訪れるコトではじまる

新たなSTYLEの扉を開け、そして深くその道に導いてくれるような

本来、お店のあるべき姿である、

入口を感じさてくれる、そんな存在なんですよね。

売れているモノ 流行っているモノばかり追いかけたり

扱うことで、見えなくなってしまった

店舗の存在理由に気づかせてくれる、地方都市の専門店の存在

是非 皆さんも休日を利用して足を伸ばしてみては如何でしょうか?

ではでは

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。