ブログ

サービスエリア 、パーキングエリアにおけるVMD

この2年間 NEXCO東日本様のサービスエリア、パーキングエリアにてVMDの教育と売場提案のサポートを実施しています。勉強している方々は年齢、性別も様々なのですが

商品を提案したい!!

もっと地場産品の良さを知って欲しいというモチベーションが非常に高く

2年間のお手伝いで見違えるような実績や売場を作って下さっています。

先日も夏の提案コーナーの写真を送って頂いたんですが

忙しい中、本当に丁寧に商品の良さを伝えようと作って下さっている売場を拝見させて頂き

私自身も感動しました!!

ありがとうございます!!

 

207 (1) 207 (1)

VMD用語について深澤流で語る ~商品分類について~

商品分類とは一言で言うなら

『お客様の使用目的や都合に合わせた商品の集積作り』のことです。簡単な例はで サイズ 色 デザイン 価格など 売場に来店されるお客様の買いやすさに合わせて商品を集積するVMDのMDの部分のことです。



VMDのMD(商品政策)部分は どうしても日本では製品製造単位や商品企画単位で考えることが多く、「売場に来店されるお客様の目的や便利性もしくは売場からの提案性を重視した、お客様の為に販売する側が作るMD」という意識が低いように感じます。「売場が作るMD」と書くと誤解もありますから別の言い方をすると、
『お客様の求めるものに対して 売場内で商品を取り合わせる 』
『商品同士の関連性を深めテーマに沿って商品を調和させる』と言うと分かり易くなるかもしれませんね。

アパレル商材は圧倒的なボリューム感で単一品種展開することもありますが、別のアイテムと関連させることによってコーディネートやスタイリングが見えてきます。品種同士の組み合わせや関連性は、売場が伝えたい提案を物語として伝えていく力となります。また単一品種の展開においても お客様の求めているポイントに合わせた分類の優先順位を持つことで、他店より選び易さや値ごろ感など、お客様の求めるポイントに対して的確に商品を表現できます。

お店の意志や考えを伝える力とは、商品や売場自体の環境的なデザインから語られることが多いのですが、実はこの分類の技術や方法によって明確な主義主張を伝えることが非常に重要な戦略となります。是非 参考にしてみてください

公開セミナーを開催いたします。

2019年度のVMD集中講座を2019年3月5日に開催いたします。

 

いま求められる売場作りの基礎から応用編

 

そして、今回は多店舗運営のポイントを

 

あらゆる小売業種、業態での弊社実績を中心にお話しさせて頂きます。

 

是非 以下よりお問い合わせください。

 

 

http://www.marken.co.jp/seminar/2019/03/post_449.php

 

 

 

 tit_01

2019年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年中もお問い合わせ、ご依頼を多数いただきありがというございます。

本年も一つ一つ丁寧に私達ができることに

取り組んでまいりたいと思っております。

いつもありがとうございます。

 

深澤企画コンサルティングオフィス

深 澤 智 浩

 

 

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ