ブログ

2006年5月

一世一代のお買い物 理想と現実

一世一代のお買い物と書くと思い浮かぶのはヤッパリ家でしょ!!!
先日 この家関連仕事で 人生お初の住宅展示場に行ってきました。

車で都心を離れ 大きな工業団地を抜けると何もない原野的な場所に突如 美しい開発地区が現れるじゃありませんか!?

担当者
『 深澤さんこうゆうとこって初めてですか?』

『勿論 こんなところあるなんて知らなかったし 縁もないもの』
担当者
『じゃー今日は 色々見て回ってみましょうか?』

『イエッサー!!ボス』

到着すると そこは各住宅メーカーが最新デザイン&機能で建てた家々が約30以上も建ち並ぶ夢のような街ですよ!!!
私は新築のマンション広告の部屋間取りを見ただけでも空想引越しするくらいの男ですから もぅテンションが上がりまくりですよ

先ずは大手メーカーから順に見て回ることにしました。
セキ○イハウス パ○ホーム トヨ○ホーム 又あの日本のカリスマ主婦?栗○○○みプロデュースの木下○○まで!!

大手は凄い!! 耐震構造 空調設備 蔵に土間に ウォークインクロゼット ウッドデッキ 対面キッチン もう至れり尽くせりですよ。ここ数年で一番ドキドキしましたね ホント IKEAに行くならここに来た方が 面白い!!! 夢を売ってますよ!! 買えないけど・・・・・・・

大手ゾーンを抜け 次は中小のコジャレタ住宅ゾーンです。
ちょっとここからセールスが厳しくなる・・・・・
一軒の物件に入るなり
セールス
『どの辺で お考えですか?』

『エッ!! アノ はぁ~』
セールス
『あの こういうことは最初にハッキリさせておかなければならないのですが 実際お幾ら位のご予算ですか?』
私( どう受け答えして良いのか? 靴も脱いじゃって部屋に入ってますから逃げられない)
『エ~ット ・・・・・・・』 
セールス
『お勤めは? 昨年の年収は? 実際にどのくらい毎月住宅にお金を掛けれますか?』

『そんなには・・・・・・』
セールス
『大丈夫です 無担保でも35年で考えれば!! 今が金利安いですから先送りにすることは得策ではありませんよ!!』

『すいませんでした』

逃げるように退散しました。 イャァー 実際他も結構厳しい接客するんですよ!! ライフプランとか人生設計とか 私 初めて接客の中で人生について御説教みたいなこと言われましたよ。

やっぱ 一世一代のお買い物だけあって夢だけでは終われないんですね、本当に厳しい現実を投げかけられましたよ。

仕事の担当者Uさんのもとに 逃げ帰ると
『深澤さん 住所とか書かなかったですよね他のところで?』

『チョッと書いちゃいました・・・・・・』
担当者
『明日から DM攻撃が開始されますよ おそらく 今は個人保護法で大分落ち着きましたが攻撃開始ですね・・・・・』

『ヒ”ェ~ン』
担当
『サッ 打ち合わせしましょ』

『イエッサーボス』

夢は夢 一世一代は一世一代 簡単には行きませんね。 さぁVMDの新しい可能性を広げましょかね。。。。

VMD用語について語る GP(グランドプレゼンテーション) 

今日はGP grand presentation(グランドプレゼンテーション)について語ってみますね。
GP(グランドプレゼンテーション)とは ブランドイメージの
総合的な提供内容や計画案などを示します。

例えば お客様に提供するイメージという意味ではTVCMや雑誌広告 店舗デザインからMD VMDまで全てが お客様に提供するイメージの一部であるという考え方です。

先日 あるお客様とのミィーティングの際に起こったことだったのですが
店舗 商品 VP 広告イメージ等 全てのブランドイメージ 商品イメージに対する社内のコンセンサスが取れていない。

実際の現状は各部署が与えられた内容から それぞれの考え方によって提供内容の仕事を進めている状態でした。 
結局 今一度 全体のイメージの構築と共有からやり直すことになり 
その後 店舗イメージを作り上げました。

もしここで GPについての認識や話し合いがもたれなければ
どれだけ各部門が素晴らしい仕事を手掛けたとしても 
お客様への提供内容のコンセプトが少しずつ異なっていたり 
提供するターゲットが異なっていたりと お客様の記憶に残さなければならない内容に 少しずつズレが生まれ 結果としてブランドイメージのインパクトが薄れてしまうことが大変多いんです。

店舗でも いくらVP VMDと店舗イメージを表現しても お客様に提供するイメージの総体から考えられたものでなければ それは店舗の一人相撲になってしまいます。

これでは想定していた目標に結びつかずに 商品やそれ以外の内容に責任を転嫁もとめることになりかねません。

今 店舗運営やVMD 販促活動に問題を抱えていらっしゃる方々の大半はこのGPについての問題なのではないでしょうか?

VMD VP PP IPとVMDに関する用語は非常に一般的になってきました。
今後 それをもっと効果的に効率的に使うためには ブランドイメージのトータル的な考えにGP(グランドプレゼンテーション)の概念を取り入れGPはIPの為に IPはGPの為にという繋がりを意識したイメージ提供を心掛けてはいかがでしょうか。

今日も天気がイマイチですね。こんな日のBGMにはタック&パティー如何ですか? 世界最高のギタリストと名曲の再生 沁みますよ~!!

コンセプトについて

今日からnewPCです。思いきって やる気の赤にしてみました。

さて最近 某中国のお客様の元でお仕事をさせていただいているときにこんなことがありました。
VMDのコンサルティングの一環として研修を行っている時のこと お客様の総経理(社長)が私に向かって かなり怒った口調でこんなことを言いました。

『お前が言ってるVP PP IPのコンセプトはそのまま私の会社のVP PP IPのコンセプトになるのか??エエッ!!!! どうなんだ? yes  or no ドッチだッ!!! yes or noで答えろ!!!』

この方は非常に厳しい方で中国でも有名な社長さんです。アメリカの雑誌に中国を動かす5人の女性として特集を組まれたくらいの方ですから本当に鬼気迫るものがあります。
同席していた awのkbcさんiriさんも引きつっていましたから・・・・・・・・・

でも この瞬間 頭の中を覆っていた日頃の慣れというか 自分で作ってしまった殻のようなものが(パッツ~ンン)と音を立てて破れましたね。
コンセプトって辞書で引くと【創造された作品や商品の全体につらぬかれた、骨格となる発想や観点】 となっています。
ですから VPのコンセプト一つとっても 販売する商品やブランド また会社が違えば骨格となる発想や観点が違ってくるということです。
このブログ内でも 私自身が自分たちに合った マッチしたVMDを作り上げなければ意味がないと言っておきなかが 最も基本的なVP PP IPのコンセプトを 研修を行う際には一般的な特性や目的 場所などとして捕らえて紹介していました。(勿論コンサルの現場では別ですよ。)

最悪ですね 例え研修だとしても一般的だなんて言葉は使ってはいけないのかもしれませんね・・・

私はこの中国のクライアントの総経理の質問には『no』と回答し 
直ぐに 自社の組織に合った 自社内で誰もが共有できる言葉で理解できるVP PP IPそれぞれのコンセプト 作用 場所を明確にし提出しました。

非常に 恥ずかしい話なので 『駄目じゃん深澤・・・・』とお思いになられるかもしれませんが
やはり 社内でVMDを広めていく際には 
このような自分達だけの道が非常に重要であることを改めて実感し 
必要なことは 使い古されていく 誰もが知っている一般では無く
自分たちのやり方として誰もが社内で共有できるコンセプトなんだと!!!  

『あぁ~ ~修行が足りませんね~ 』

日本代表 加油(ジャーヨー)

お疲れ様です 深澤です。
やっと日本に帰ってきましたよ~という感じです。
今回の出張は色んなことがあり過ぎて どこから書いていいのか整理できていないのですが一番印象に残っている出来事は 中国でサッカーの試合に出場しました。
(今回の投稿のBGMはThe Cup Of Lifeでお願いします。)
フランスWCの公式ソングでしたね。


さて 試合といってもクライアントのお客様の社内チームに参加して 別の会社チームと対戦したということです。
約一週間の出張だったのですが コンサルの最終日が日曜日だったことと 仕事がかなり速いペースで終了したために複数の男性社員からお誘いがあり参加することにしました。

場所は会社から程近い中国の軍事体育学校内の専用グランドです。
門を潜り中に入ると そこは軍隊ですよ。ホフク前進の練習場や 高い壁や堀を乗り越える練習場など結構 緊張感のアル場所でしたね。さすがにちょっと写真を撮る気にはなれませんでした。

急遽買ってきた短パンとユニフォームに着替えて試合開始です。
取り合えず 先発メンバーは遠慮してウォーミングアップ。
ウォーミングアップ中も訓練をしている軍の方々の目線が怖い 
本当に中国のこんな環境でサッカーなどするなんて夢にも思っていませんから何もかももがアウェイ状態・・そしてついに試合出場です。
 
気を使ってくれたのか ポジションはトップ下 良い意味でも悪い意味でもボールが回ってくる

そしてディフェンスからのパスでファーストタッチです。

『痛ッ ボコッ ドスッ』
トラップして振り向こうとした瞬間二人掛りで二発頂きました。
完全に肘が入ってましたね。 ・・・・・・・・・冷静に 冷静に・・・・・ここは完全にアウェイです。

簡単にボールを捌き 出場したことをかなり後悔・・・
こうなったら 試合から消えるしかありません
(ベッカムが得意とするワザワザ味方からパスが来ない様にディフェンスのマークの影に入り休む作戦)
でも皆 そんな私の思いとは裏腹に 笑顔でパスをくれます。
『私ホントにパスなんて要らないんですが!!』
声に出しても 言葉が通じない・・・・・・・結局 約50分間のプレー
目の前が真っ白になるというのはこういう感覚なんでしょうか
完全に激しく敵のチャージを受け続けた体と 走り続けた足が
自分の意識ではコントロールできないくらいにフラフラですよ。

しかも ここまでの仕事の疲れも混ざって
鼻水さえも自分拭けませんよ
皆 笑顔で称えてくれましたが 内心は 
『こいつ敵に完全に狙われたな 可哀想に・・』という感じでした。 

これも必要な経験でしょうか  今も体に残る青アザは
日中友好の証として日本に持ち帰ってきました。

中国アパレルのサッカーチームよ!!!いつかホームで会おう!!!
チキショー!!!!!痛ッ

PS 加油とは中国語でがんばれの意味です。
ではでは

連休明けからラッシュです。

連休がやっと終わりましたね。今日は新宿で
VMDの勉強会とコンサルを一件
明日からは一週間 中国に行ってきます。

まだ 全く明日からの荷造りが全然出来ていません・・・・
洗濯物も乾いていなし・・・・・・
ブラウスもクリーング店に取りにいけていない・・・・・・

どうしよう・・・・・もう どうもならん

ここまできたら このブログ投稿後ユックリ睡眠をとって 明日の朝荷造りして出かけてきます。
では 皆様 一週間後に楽しい土産話が出来るようにがんばってきます。では

WHAT'S NEWfeed

記事一覧へ