VMDで使える基礎用語  サティスファイサーとマキシマイザー | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

VMDで使える基礎用語  サティスファイサーとマキシマイザー

商品を購入する際に

購入する商品によってお客様は

サティスファイサーになったり

マキシマイザーになったりします。

 

サイティスファイサーとは何かの選択肢をする際に一定の水準を求め

商品がその期待を満たす限りは満足であり

他の商品の方が良いのでは無いか?と長時間迷わないタイプ

(満足人間)

自分にとってのこだわりの感情が薄い商品を購入する時や

低価格の商品を購入する時ですね。

 

それに対して

マキシマイザーは

選択肢を与えると困って判断がつかなくなり決められない

もっと良いものがあったのでは?と悩んでしまうタイプ

(最大化人間)

高価格の商品や、こだわりを持って選びたい商品を購入する際は

皆、マキシマイザーになるのでは無いでしょうか?

 

私自身、今年は都内の車移動が増えているので

車の買い替えを検討しており

完全にマキシマイザーな状態です。

こーなるとWEBルーミング(WEBの観覧が増えるが結局はリアルで決めたい)熱が高まり

中々決めに決めかねる状況です。。。。。。。。

 

まーこの時間が一番楽しいんですけどね。

 

この時期、加湿器の売場に行くと

ちゃんとマキシマイザーなお客様

サティスファイサーなお客様、それぞれに対応できている売場と

ただ商品説明が羅列されている売場があります。

是非、皆さんの目線で見比べてみては如何でしょうか?

 

では、こんな時どーすれば?なんてお考えになったら

是非 VMD専門の深澤企画にご相談くださいませ。

 

次回はショールミング・WEBルーミングについて書いてみますね。

 

ではでは

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。