VMDで使える基礎用語 〜OTS〜 目にする機会 | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

VMDで使える基礎用語 〜OTS〜 目にする機会

おはようございます深澤です。

ようやく12月らしく冷え込んできましたね、

明日から青森出張となっておりますので、防寒の準備をせねばと思っております。

 

本日はOTS     OPPORTUNITY TO SEE 日本語で言うなら

『目にする機会』について書いてみたいと思います。

VMDって一言で話せば3段階で売場作りを実施する手法なんですが

日本ではVP→PP→IP

海外では、その目的を重視してREACH→STOP→CLOSEと簡単に記されることが多いように思います。

 

リアル店舗においてもECサイトにおいても

タイトルにもあるようにOPPORTUNITY TO SEE

お客様が目にする機会を作り

購入の目的に合わせて露出を高め

商品印象を向上させる提案を実施し

売れ口を増やしていくという考え方ですね。

 

買い物をするお客様は、約2秒でパッと見て

脳の中にある扁桃体にビビッと信号を送ることで

見たい・触れたい・欲しいと買い物モードを深めて行きます。

 

もちろん、沢山の情報や店舗・商品に囲まれ生活してる私達にとって

お客様にとって特別だと思っていただける様な

OTSを作り出すのは非常に難しいことなんですが

お客様の足が向かう場所に、お客様の必要な価値を露出させ

お客様の目の前に店舗を置き、必要な商品を並べることを目指すのが

我々の目指す究極のサービスであると考えております。

ではでは

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。