売場作りの基礎 知覚リスクとは | 深澤企画コンサルティングオフィス

深澤企画VMDコンサルティング
オフィス

CONTACT
VMD TOTAL SUPPORT OFFICE
SCROLL

BLOG

ブログ

売場作りの基礎 知覚リスクとは

~ 人は得よりも損に敏感である ~

最近、消費者が『お買い得』よりも、

買い物をする時点では、『如何に損しないか?』の方に敏感になっているという

『損失回避性』についてよく語られています。

また そのような商品行動の基となる考えや信念を

知覚リスクともいうのですが

いま まさに盛り上がりに欠けているSALE

そして、そのSALE商品なんて まさに知覚リスクの固まりのようなモノなんです。

まだ 価格が下がるかもしれないから、今買ったら損するかもしれない

せっかく安くしても、お客様にすると余計に損失を恐れる金銭的なリスクが高まったり、

在庫が沢山積まれているという事は、皆が受け入れがたいトレンドの商品であり

来年は着れないかもしれないというリスクや、着ていった先での恥ずかしい

思いをする社会的なリスクが生まれるかもしれない・・・・・

はたまた、返品交換が出来なければサイズや、コーディネートの心配なんていう機能的なリスクもあります・・・・

そう考えると お値引き 激安  格安  お得  お買い得  奉仕品  お値頃 etc

購入する事で、お客様が、お得になれる!!

売り手が本当にそう思ってかどうかは別にしても

そんなフレーズだけで 大々的にSALE商品を販売したり

SALE開催のタイミングをヤイヤイと論じているだけでは

お客様の『損失回避性』と知覚リスクは増すばかりだよな~と思うのです。

皆さんも 損失回避性高まってませんか?

因みに私は じっくり検討して損失回避をしようとは思っていますが

目の前に 欲しいモノが並ぶと・・・・どうも我慢が出来ないようです、昭和世代ですね

ではでは

Casa-Turia-pop-up-store-by-CuldeSac-Valencian-Spain-03

深澤智浩

深澤 智浩

深澤企画コンサルティングオフィス代表

パリをはじめとする海外の店舗や、国内のSM/GMSでのあらゆる店舗・売場の店舗デザイン・店頭戦略を学び、独立。現在は、小売業からの依頼に加え、メーカーからの販促提案・ショールーム展開の相談など様々な業種・業態の店頭戦略(SP・VMD・設計・店頭ブランディング)を、年間100件以上行っている。近年では、ショッピングモールやチェーンストアからの依頼も多くなっている。また、「商業界」の教育講座、デザイン専門学校、企業研修でも指導にあたり、人材育成にも注力している。